MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

地域ブランドNEWS編集部のページ

表示順:
食農体験のパイオニア!次の天地は「沖縄県」三重県伊賀の里モクモク手づくりファームの創業者木村修氏がこのたび、今帰仁村あいあいファームの新社長に就任した。
続日本100名城選定の“福知山城”を支援するイオンの電子マネー「福知山城WAON」が4月20日に発売される。
南三陸町でサイクルツーリズムスタート休憩は道沿いのおばあちゃん家で?南三陸町観光協会(宮城県)では2018年5月5日(自転車の日)より『南三陸 里山×里海サイクリング みなチャリ!』がスタートする。
2018年4月9日(月)、貴重な“体験資源”が無数に存在している長崎県が多くの子どもたちの原体験づくりに寄与できるようにと、長崎県の体験型観光活性化を図る有志によって実行委員会を組織し、「冒険県 冒険する長崎プロジェクト」が発足された。
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策(広域ネットワーク推進事業を除く。))の追加公募結果について追加公募の結果、9月22日に農林水産省は農泊推進対策として全国で29都道府県45地域において事業の採択を発表した。
農林水産省は農泊推進対策として全国で161件の事業を採択した。この事業は伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しむ滞在型旅行(農泊)の体制づくりの一環で、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)として全国から募集したもので、応募数約300件の中から161件が第一次として採択された。
南三陸町・登米市・栗原市観光コンソーシアム事業「三米原村観光協会」の一環で一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク(栗原市拠点)では、登米市迫町新田地区においてノルディックウォーキング∗を開催する。
食農体験ネットワークでは日本各地の様々な魅力あふれる体験コンテンツに目を向けてもらい、その体験を通して、地域の「文化」「人」「資源」に触れてもらうきっかけづくりを目的としたSNS投票キャンペーンを実施した。
栃木県小山市では、地域資源「本場結城紬」を活用した観光誘客調査業務の一環として、「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を、平成29年3月24日(金)に市外から6名の参加者(東京都3名、神奈川県3名)を集めて実施しました。
先頭 1 2 3 4 5 最後
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt