MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
ブランド総合研究所

インバウンドに関する記事

表示順:
2020年東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切った。宿泊施設の不足への対応や飲食店のインバウンドの受け入れ体制が急ピッチで進められている。新たな商機に向け、農林水産省は、2020年までに農泊500地域創設に向けて足早に実施体制を強化する。
公開: 2019-07-24 16:16:00
不明慮な食べ物は安心して食べられないと感じる人は多いのではないだろうか。食のバリアへの対応策として、一般社団法人日本フードバリアフリー協会では、飲食店のメニューなどに原材料や加工方法などを記載したフードバリアフリー化を全国へ呼びかける。
公開: 2019-07-23 17:46:39
ラジオ放送局J-WAVE初の本格ニュースワイド「JAM The WORLD」は、独自の視点を持つナヴィゲーターが今世界で起きている事件・事故をリアルタイムで発信している。
公開: 2019-05-20 13:13:39
日本政府観光局(JNTO)は2018年の訪日外国人客(インバウンド)数の年間推計値が前年比8.7%増の約3119万人となったことを発表した。
公開: 2019-01-28 04:54:15
静岡県にはバンダイ、タミヤ、アオシマなど国内プラモデルの有力メーカーが多く、「模型王国」と呼ばれている。その由来は、実は徳川家にある。
公開: 2016-04-16 12:20:07
2020年の東京オリンピックに向けて、羽田空港のタクシー乗り場に変化が訪れている。外国人専用乗り場、ユニバーサルデザインタクシー・ワゴンタクシー専用乗り場が開設され、これまでの「タクシーといえばセダンタイプ」という既成観念を刷新しようとしている。今回はまず外国人専用乗り場について紹介する。
公開: 2016-01-14 12:02:20
埼玉県 センスの良さは全国9位。ところが愛着度は最下位!「食・農体験ネットワーク」会員募集開始高年齢層で地域の認知度低下が顕著 地域ブランド調査ゴキブリ展で夏のホラーを体験してみよう(徳山動物園)3時間タクシー乗り放題で千円!鳥取市のインバウンド秘策北海道 圧倒的に人気も後退気味
公開: 2015-07-21 17:20:33
地方が外国人観光客を受け入れるには二次交通の対応が急務だ。鳥取市はその名も「1000円タクシー」といって、外国人旅行者限定で3時間1000円でタクシーを乗り放題にできるサービスを打ち出している。
公開: 2015-07-10 09:32:47
外国人が日本を周遊するときの定番が「ジャパンレールウェイ」という特殊なJR乗車券だ。外国人旅行者や旅行業界の人には常識のものだろうが、意外とこの存在を知らない日本人は多いのではないだろうか。
公開: 2015-07-03 15:53:33
イギリスのテレグラフ紙によれば、日本食ブームを背景にワサビの世界的需要が増えているらしい。しかし手間や人件費が多くかかることから日本での生産規模は縮小し、かわりに海外のワサビ生産企業が供給源となっている。
公開: 2015-06-18 12:19:45
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt