MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(宮城県登米市編)

全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(宮城県登米市編)

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は、募集を終了した。

地域の輪に触れ、移住・就農希望も

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。同事業は、農山漁村への就農・移住促進のため、大都市圏と政令指定都市に住む人を対象にしており、研修内容は一次産業の農業だけにとどまらず、食と農のビジネスに触れ、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。

滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。(終了)

終了しました、ご応募ありがとうございました
沖縄県糸満市 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)終了/レポート
山口県宇部市 2020年11月9日(月)~11月27日(金)終了/レポート
宮城県登米市 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)終了/レポート
熊本県小国町 2020年11月22日(日)~12月12日(土)修了/レポート
滋賀県東近江市 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)※緊急事態宣言により延期
長崎県大村市 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)修了/レポート{border:end}

※各研修は修了後に記事を公開します

農業の産業化を目指して

宮城県仙台市から約70km北部に位置する登米市・伊豆沼。この沼のほとりに伊豆沼農産が運営する「くんぺる」がある。「くんぺる」は伊豆沼農産の施設の総称で、ドイツ語で「仲間」という意味をもち、農畜産物の生産・加工・販売までのさまざまな過程で地域内外の人々をつなぐ役割を担っている。

自分たちで作ったものは、食べてくれる人の口に届くまで責任をもつという気持ちを込めて、直売マーケットと農場レストラン、体験教室、通販サイトなどを運営している。地域農家の所得の増大、生産意欲、生産力向上を目的として、登米市地域の農畜産物や加工品などを販売している。食品流通および飲食、観光の中心施設として展開している「くんぺる」は、農産品生産、販売だけにとどまらず、体験施設を活用し、ソーセージづくりや、ブルーベリー狩り、稲作体験、れんこん収穫体験などの食農体験をおこなっている。

また、インバウンド受入のためのグランピングをはじめ、重度身体障がい者が分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を活用して「遠隔接客」を行う農福連携の実証実験を行うなど、農業の新しい可能性へと着実に歩みを進めている。

そんな県内外の人が集う「伊豆沼農産(くんぺる)」を拠点に、2020年11月16日から12月4日まで、神奈川や仙台を中心に3人の研修生が食と農のビジネスで、地域との関わり方を学ぶため、登米市に3週間滞在した。

登米市での研修内容のテーマは、「農村の資源を活用した新しい農村産業の取組みにふれる」こと。

11月の登米市では農閑期を迎え、農業研修は難しい。また、地元住民との交流が魅力の民泊が新型コロナウイルスの影響で断念せざるを得なかった。しかしながら、登米市の農産物を使った料理体験や加工、直売マーケットや農場レストランでの接客、加工品の出荷作業など、普段の生活では体験することができない様々な職業研修が開催された。また、登米市内の宿泊先から登米市民バスで通勤するなど、地方での生活体験も味わった。


参加した研修生の声「体験教室の集客は一朝一夕にならず営業部隊が足で稼いでいることを知れた」
「自治体を中心にIターン、Uターンなど地域の復興に取り組んでいることがよくわかった、登米市でやってみたいことがある、実現したいので今後も関わっていきたい、自社の生産物および、地元の食材を用い、郷土料理なども提供する「農家レストラン」は利用者の視点からも大変魅力的。また、地域の食文化や、雇用も創出など地域社会へも大きな貢献になっている。」など
佐藤裕美さん(伊豆沼農産)より「生産から加工、販売、誘客事業まで幅広く研修してもらいました。研修メニューをこなすのではなく、外からの目線でより良いものにしようと取り組んでくれたのが印象的でした。このご縁をつないで、都市と農村の交流を活発化させていきましょう!」



この記事のライター
関連記事
地域の資源や特性を活かした体験プログラムの作成・提案の方法を学びませんか?
公開: 2022-09-12 16:40:21
食農体験サイトtaabel(た~べる)では、食育ピクトグラムを活用した食農体験情報を募集しています。
公開: 2022-02-02 18:07:53
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル