MENU
「企業版SDGs調査2020」を3月25日12:00発表。SDGs取組評価の高いTOP100社は?
ブランド総合研究所

SDGsに関する記事

国連サミットで2015に採択された、持続的な開発目標。すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指すもので、2030年までに目指す17のゴールが設定されている。

表示順:
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組やESG活動を評価する「企業版SDGs調査」を実施。消費者から最も高く評価された企業はトヨタ自動車。2位以下はアサヒビール、旭化成、サントリー、パナソニックでした
公開: 2020-03-25 12:00:00
鳥取県日南町は、SDGsのアイコンカラー17色の和傘で町役場を彩り、町内外に日南町SDGsを発信する。
公開: 2020-03-19 08:53:58
国内の主力企業のSDGsへの取り組みや、ESG活動に対し、一般消費者やビジネスマン、投資家、SDGs認知者などのステークホルダーによる評価を数値化。評価の高い上位企業は「SDGs TOP100」としてランキングを公表。総合報告書と個別レポートの申し込み受付中
公開: 2020-03-05 11:48:29
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の政令指定都市、中核市、県庁所在市の83市を対象とした市民目線による悩みや社会の課題、および幸福度や定住意欲度などに関する地域の持続性を明らかにする「市版SDGs調査2020」を実施しました。
公開: 2020-01-21 12:00:00
ブランド総合研究所では、政令指定都市、中核市、県庁所在市の計83市を対象に、住民の悩みと定住意欲度の関連を探る「市版SDGs調査2020」を実施。2019年11月25日~12月23日にかけてインターネットで調査を実施し、各市の居住者100~200人から回答を得ました。調査内容は、居住している市に対しての、幸福度、生活満足度、愛着度、定住意欲度、SDGs認知度、投資経験の基本指標6項目のほか、住民の不満や悩み、社会として取り組む課題など全108項目。
公開: 2020-01-09 13:04:37
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による悩みや社会の課題、および幸福度や定住意欲度に関する「地域版SDGs調査2019」を実施した。悩みが最も少ない都道府県は愛知県。生活満足度1位は千葉県、定住意欲度1位は北海道という結果になった。
公開: 2019-09-25 14:00:00
悩める住民が多い都道府県ランキングが週刊ダイヤモンド2019年9月14日号にて特集されました
公開: 2019-09-09 10:29:00
株式会社ブランド総合研究所(所在地:東京都港区 代表取締役社長 田中章雄)は、9月6日(金)に全国初の地域版SDGs調査の結果発表会を開催する。全47都道府県の住民(居住者)に向けた大規模調査を実施(各都道府県からそれぞれ約350人、計約16000人が回答)。
公開: 2019-08-27 12:26:17
1月3日の日本テレビ系列の人気番組「秘密のケンミンSHOW」では、「新春!怒濤の4時間!超豪華カミングアウトスペシャル!!」で「どうした埼玉!jに出演。東京・都道府県会館(永田町)で「食のバリアフリー フォーラム」を開催。持続可能な開発目標(SDGs)の調査と地域や企業がどのように対処するかの提言
公開: 2019-01-01 19:43:09
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt