MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(長崎県大村市編)

全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(長崎県大村市編)

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。

地域の輪に触れ、移住・就農希望も

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。同事業は、農山漁村への就農・移住促進のため、大都市圏と政令指定都市に住む人を対象にしており、研修内容は一次産業の農業だけにとどまらず、食と農のビジネスに触れ、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。

終了しました、ご応募ありがとうございました
沖縄県糸満市 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)終了/レポート
山口県宇部市 2020年11月9日(月)~11月27日(金)終了/レポート
宮城県登米市 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)終了/レポート
熊本県小国町 2020年11月22日(日)~12月12日(土)修了/レポート
滋賀県東近江市 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)※緊急事態宣言により延期
長崎県大村市 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)修了/レポート

※各研修は修了後に記事を公開します

観光農業でお客様に感動を

大村湾を望む大村市北部の福重地区に、年間 49万人が訪れる 3000 坪の観光ファーム「おおむら夢ファームシュシュ(以下シュシュ)」がある。(フランス語で「お気に入り」という意味)
1次産業の農業から、観光農園、季節のアイスクリームやジェラートを販売するアイス工房をはじめ、大村市内で採れた旬の野菜・果物を使用したパンを販売するパン工房、スイーツを販売する洋菓子工房、新鮮な野菜やオリジナル加工品を揃えた生産者のみえる直売所や農家レストランなどを運営し、6次産業を実施している。
また、ハンバーガー作り、ウィンナー作り、パン作り、ピザ作り、いちご大福作り、大村寿司などの料理・郷土料理体験、果物(いちご、ぶどう、梨)の収穫体験など、県内外の人たちが集う食農体験を開催している。

消費者の目線が生産者の目線に変わるとき

シュシュを拠点として、大村市で開催された就農・食農体験研修は、当初は3週間を予定していたが、緊急事態宣言を受け、2021年1月25日~2月5日まで、オンラインで開催された。東京、大阪、福岡の都市部より8名の研修生が参加した。
オンライン研修は、大村市長のメッセージ動画からスタート。大村市の魅力や今後の未来を語る市長に、コロナ禍ではあるが、状況に対応しながらの、あたたかい魅力を感じられる研修のスタートとなった。

オンライン研修では、座学をメインに、いちごや梨農家さんから農業講習や、移住コーディネーターのお試し住宅紹介、大村市新規就農に関する大村市職員との相談会、加工品講座、農泊を営む農家さんの紹介など、それぞれの専門家との交流を通して、大村市に行って体験・経験したいと思いを深める内容となった。

また、オンライン研修を終え、3月8日~12日から実施された現地研修では、研修生自ら研修実施場所を提案するなど、各々が事前に地域を調べ実際に現地を通して人とのつながりを強めていった。

現地研修では、バナナ、ドラゴンフルーツ、観葉植物、シイタケ菌打ち、じゃがいも植え付け、甘夏収穫、イチゴの摘果など、農業研修だけにとどまらず、農泊を運営する農家さん宅へのヒアリング、大村市に移住した際に困らないように、大村市内視察など多岐に渡る研修内容となった。

中でもワークショップを通して自分の考えを人に伝えることや受け入れることを学んだ研修生も少なくない。農業は人とのつながりが大切になり、それぞれの成長の全体像を知ったうえで、歩幅に合わせることは作物も人も変わらない。
いちご狩り体験への付加価値や、加工食品の差別化を議論する中で、消費者目線であったが生産者の目線で考えられるようになったという声が上がった。

また、シュシュおよびグリーンツーリズム協議会の協力のもと、移住、定住、就業に向けた様々な支援・サポート制度などについて、具体的なアドバイスなども得られ、移住・就農・農業・食農体験の理解を深める内容となった。

参加した研修生の声「野菜や果樹の植え付けから成長、収穫まで一通り、本研修で学ぶ事ができた。」「質問にもきちんと答えてくださり、とても内容の濃い日々だった」「緊急事態宣言で急遽一部、オンライン研修とはなったが、とてもわかりやすい内容だった」「就農に向けて取り組みたい」など
佐藤さん、西村さん(シュシュ)より「海と山に囲まれた自然あふれる大村へぜひお越しください!新規就農大歓迎です」

シュシュのスタッフや新規就農予定者が食農体験ソムリエに合格しました

この記事のライター
関連記事
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。
公開: 2021-01-20 12:56:00
2021年1月、政府より緊急事態宣言が発令されたことに伴い、1月25日から実施予定だった長崎県大村市での就農・定住体験研修について、以下のように新型コロナ対策および研修内容の変更を行うこととなりました。ご了承いただき、ぜひご参加をお願いします。
公開: 2021-01-15 13:55:49
市区町村魅力度ランキングで2019年(264位)から2020年(143位)に大幅上昇し、最も魅力度を伸ばした糸満市(沖縄)で、2021年1月23、24日(土日)に、明るい話題を届け笑顔を取り戻してもらえるようにと、心と身体をあったかくさせるイベント「HOTな糸満の日」を開催する。
公開: 2021-01-05 17:24:00
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-03-29 10:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル