MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(沖縄県糸満市編)

全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(沖縄県糸満市編)

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。

地域の輪に触れ、移住・就農希望も

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。同事業は、農山漁村への就農・移住促進のため、大都市圏と政令指定都市に住む人を対象にしており、研修内容は一次産業の農業だけにとどまらず、食と農のビジネスに触れ、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。

滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。(終了)

終了しました、ご応募ありがとうございました
沖縄県糸満市 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)終了/レポート
山口県宇部市 2020年11月9日(月)~11月27日(金)終了/レポート
宮城県登米市 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)終了/レポート
熊本県小国町 2020年11月22日(日)~12月12日(土)修了/レポート
滋賀県東近江市 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)※緊急事態宣言により延期
長崎県大村市 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)修了/レポート{border:end}

※各研修は修了後に記事を公開します

沖縄県糸満市で育んだ地元民との輪

南国の気候と青い海、そして琉球文化の中で伝わる沖縄の農業や食。他の地域とは違った特徴をもつ沖縄県。
沖縄県糸満市は、沖縄本島の最南端に位置し、三方を海に囲まれた自然豊かな地で、那覇空港からわずか10kmと近いことから、農業、漁業、商工業、そして観光業が盛んな地である。

そんな糸満市で今年11月6日から26日まで、パイナップルやバナナ、コーヒー農園、海ぶどうの収穫・選別、糸満市場「いとま〜る」で販売、陳列、そして沖縄の伝統的な料理体験や人との交流などを通して沖縄の文化を学ぶ研修を実施した。
参加者は関東を中心に7名(男性6名、女性1名)。

研修生の中には、研修期間中に住居を決め、就農および移住を決めた者もいた。

また、本事業のうち、糸満市では、実際に農業を営んでいる農家宅へ宿泊する(民泊)交流を実施。住民との生活をともにする中で、沖縄の文化をじっくり味わい、就農へのイメージを固めやすいことも、就農・移住のきっかけのひとつとなった。

また、糸満市の協力のもと、移住、定住、就業に向けた様々な支援・サポート制度などについて、糸満市職員による具体的なアドバイスなども得る研修内容となった。

参加した研修生の声「遅くても来年には引っ越しをできるようにしたい、家族も連れて来たい」
参加した研修生の声「普段の観光では決して味わえない移住体験だった。農業の考え方も変わり、就農へ進めていきたい」など
研修を受け入れた農家さんの声「普段は4~5日かかる作業を研修生たちが1日で終えた、作業の手際がよかった、受け入れてよかった」など

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-04-16 13:02:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。
公開: 2021-01-20 12:56:00
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-04-16 13:02:00
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル