MENU

T.Yamaのページ

表示順:
悩める住民が多い都道府県ランキングが週刊ダイヤモンド2019年9月14日号にて特集されました
公開: 2019-09-09 10:29:00
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
一般社団法人日本フードバリアフリー協会は、多様化する食やインバウンドに対応し、新たな市場を創出することを目的に9月26日(木)「ハラル専門研修」を開催します。本研修ではハラル市場規模・動向の解説と、ハラル認証の手続き方法や商品事例などについて学ぶことで、フードバリアフリー市場のビジネス知識の体得を目指します。
公開: 2019-08-16 16:12:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
連日蒸し暑い日が続いている。日本の自治体や企業に対策が迫られる。 日本の熱中症予防対策はどう進んでいくのか。 (最高気温が35℃以上の日を猛暑日、30℃以上の日を真夏日、25℃以上の日を夏日という)
公開: 2019-08-07 09:16:00
ラグビーW杯の開催が9月に迫り、各地では受入準備を進めているが、リーグ の開催会場の1つである大分市では、ベジタリアンセミナーを開催。別府市で は立命館アジア太平洋大の学生団体「ベジらる(Vegelal)」が、ベジ タリアン、ビーガン、ムスリム向けの料理を提供する市内飲食店をまとめたリ ーフレットを作り、住民や観光客にPRもおこなっている。
公開: 2019-08-05 14:04:51
日本のインバウンド受け入れ課題は、宿泊施設の不足だけでない、食のバリアに対応する飲食店の不足が問題視されている。日本の「食のおもてなし」対応はどこまで進められるのか。一般社団法人日本フードバリアフリー協会はインバウンドや多様な食のバリアへの対応として、市場規模や動向を学ぶ基礎講座やハラル、ベジタリアン、食物アレルギーなどの各専門研修を開催する。
公開: 2019-08-01 13:32:58
食のバリアフリーに向けて。2019年7月1日、「マッスル」「ヘルシー」「エイジング」「ビーガン」の4つをコンセプトにレストランがオープンした(東京都目黒区(自由が丘))
公開: 2019-07-29 09:13:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
ブランド総合研究所
ギネス世界記録にチャレンジ
一般社団法人ハラル・ジャパン協会
食農体験ネットTaabel
日本フードバリアフリー協会