MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
訪日外客数7か月連続減少。4月は2900人

訪日外客数7か月連続減少。4月は2900人

2020 年 4 月の訪日外客数は、2,900 ⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、7 か月連続で前年同月を下回った。また単月の訪日外客数としては、JNTO で統計を取り始めた1964 年以降、過去最少。

4月推計値 JNTO訪日外客数・出国日本人数発表(5/20)

新型コロナウイルス感染症の影響により、訪日観光客が激減している。
日本政府観光局(JNTO)によると(5月20日発表)、2020年4月の訪日外客数の推計値は2,900 ⼈で、前年同月⽐では 99.9%減となった。

2019年10月から前年同月比でのマイナスとなっており、7か月連続ということになる。
原因としては COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大により、多くの国において海外渡航制限や外出禁止等の措置が取られたこと、また、日本においても検疫強化や査証の無効化等の措置が取られたこと。

国・地域別の状況

東アジア
● 韓国の4月の訪日数は 300 人となった。新型コロナウイルス感染症の拡大により 3月 9 日以降、日本における検疫強化、査証の無効化等の対象となったこと等により、訪日者数は前年同月を大幅に下回った。

● 中国は 200 人。新型コロナウイルス感染症の拡大により、1 月 27 日以降、中国政府の通達により団体ツアー及び航空券とホテルのパッケージ商品の販売が禁止されていることに加え、3 月 9 日以降、日本における検疫強化、査証の無効化等の対象となったこと等もあり、訪日者数は前年同月を大幅に下回った。

● 台湾は 300 人。新型コロナウイルス感染症の拡大により、3月 17 日以降、台湾において、日本への渡航警戒レベルが更に引き上げられたこと等に加え、4 月 3 日以降、日本における検疫強化、上陸拒否の対象となったこと等もあり、訪日者数は前年同月を大幅に下回った。

● 香港は 10 人であった。新型コロナウイルス感染症の拡大により、3月 9 日以降日本における検疫強化、査証の無効化等の対象となったこと、3 月 17 日以降、香港政府が中国本土、マカオ、台湾を除く全ての国・地域への渡航警戒レベルを引き上げ海外渡航の自粛を要請したこと等もあり、訪日者数は前年同月を大幅に下回った。

出典: 日本政府観光局 訪日外客統計の集計・発表

今後の見通し

5月14日には39県においては約1か月ぶりに緊急事態宣言が解除されたが、20日時点では東京や北海道などでは宣言が継続されている。

海外においては、6月中に移動制限(渡航)解除がされると見込まれている国が多い。特にヨーロッパ諸国では、観光産業がGDPや雇用の10%以上を占めるといわれており、移動制限が夏のバカンスシーズンまで続くと、経済への影響が計り知れない。

そこで、欧州委員会は「旅行を安全に再開し、2020年以降にヨーロッパの観光を復興するためのガイダンス」を発表した。これは、感染拡大の防止策の例を具体的に示したもの。例えば、旅行中のマスク着用、チケットの事前でのオンライン購入などを推奨するほか、旅行業者には予約制での入場制限、旅客輸送の乗客数の削減、症状が出た場合の対策などについても提案している。

日本へのインバウンドの復興に関して、今後どのような対策を講じていくかが課題であろう。

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
「エコにテイクアウトを楽しむ。」亀岡市ならではの支援事業を展開。21年から全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止に踏み切る京都府亀岡市。環境の側面からコロナに苦しむ飲食店を応援しようと、「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンを始めた。
公開: 2020-05-18 10:36:40
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第3回目は飲食業の具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-18 01:24:12
日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表した。
公開: 2020-05-14 13:45:09
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第2回目は観光面での具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-08 18:45:13
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル