MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
T-1グランプリ(お漬物の日本一決定戦)開催決定!

T-1グランプリ(お漬物の日本一決定戦)開催決定!

漬物の日本一を決める大会「T-1グランプリ」が2012年も開催されることとなった。世代を超えた日本の食文化である漬物を通じて日本の食文化を守り、継承していきたいという主催者の想いで2010年から始まったイベントで、今年が3回目。地域活性化と食文化の発展を目指しており、

漬物の日本一を決める大会「T-1グランプリ」が2012年も開催されることとなった。世代を超えた日本の食文化である漬物を通じて日本の食文化を守り、継承していきたいという主催者の想いで2010年から始まったイベントで、今年が3回目。地域活性化と食文化の発展を目指しており、一般からの漬物レシピを募集している。募集期間は10月31日(水)まで。主催はT-1グランプリ2012実行委員会。

応募は、公式サイトの応募ページから申し込むほか、ダウンロードした所定の応募用紙に「お漬物名」「材料」「作り方」「コツ(工夫した点)」「エピソード(お漬物に関する思い出や開発秘話など)」などを記載して郵送する。11月上旬に一次審査(書類審査・実食審査)を行い、優秀なレシピは下記日程の各ブロック大会で発表される。

ちなみに、昨年度の個人グランプリを獲得したのは長野県諏訪郡下諏訪町に住む71歳の主婦。「下諏訪の恵みあっちゃん漬け」と名づけられた作品は、千切りにしたニンジンやミョウガ、ショウガを青ジソで包み、芯を抜いたシマウリに詰めた鉄砲漬けだ。25年前に祖母から鉄砲漬けの美味しい漬け方を教わったことをきっかけに、中に詰める野菜の色合いを考慮しながら自分なりにアレンジを加えていき、現在の漬け方になったという。個人の部に応募された426点の頂点に輝いた。

今年度の開催概要は、公式ホームページを参照のこと。

 

【開催日程】

北海道ブロック大会  2012年12月9日(日)@サッポロファクトリー

東北ブロック大会    2012年12月16日(日)@イオンモール名取

関東ブロック大会     2012年12月2日(日)@イオンレイクタウンkaze

中部ブロック大会   2012年11月23日(金)@イオンモール名古屋みなと

西日本ブロック大会 2012年11月25日(日)@イオンモール草津

九州・沖縄ブロック大会 2012年12月16日(日)@イオンモール筑紫野

決勝大会        2013年1月20日(日)@東京タワーフットタウン

 

【お問い合わせ】

T-1グランプリ2012実行委員会事務局 ((株)フロンティアインターナショナル内)

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 NBF渋谷イースト

TEL:03-6820-0956 E-mail info@t1gpx.com HP: http://t1gpx.com/

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
最新記事
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。
農林水産省・全国食育推進ネットワーク(事務局・ブランド総合研究所)では第3回食育ミニセミナー&サロンを1/25にオンライン(ZOOM)で実施します。地産地消等優良活動表彰・文部科学大臣賞の沖縄県伊江村立伊江中学校の村ぐるみでの食育活動についてです。
ブランド総合研究所は各都道府県の住民を対象として、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施。その中から定住意欲度のランキングを紹介する

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル