MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日結果発表
3月21日(木)地域ブランディング・全国セミナー開催へ

3月21日(木)地域ブランディング・全国セミナー開催へ

2013年3月21日(木)、東京・全国町村会館にて、食品・農林水産業に関する地域ブランド化に関するセミナーの全国大会兼総会が開催されます。「地域ブランディング~次の視点」と題し、以下の3部構成で各界の有識者にご出席をいただき、講演会やパネルディスカッションを行います。

2013年3月21日(木)、東京・全国町村会館(永田町駅3番出口から徒歩1分)にて、食品・農林水産業に関する地域ブランド化に関するセミナー兼総会が開催されます。「地域ブランディング~次の視点」と題し、以下の3部構成で各界の有識者にご出席をいただき、講演会やパネルディスカッションを行います。

開催チラシ(A3)はコチラ 表面(pdf)/中面(pdf)
参加申込書(A4)はコチラ
※メールやお電話でも受け付けております。

第1部では、地域ブランディングの現状や方向性について、「食と農林水産業の地域ブランド協議会」会長(明治大学大学院 グローバルビジネス研究科教授、財団法人流通経済研究所理事長)の上原征彦氏に地域ブランドの方向性について基調講演をいただくとともに、「食と農林水産業の地域ブランド協議会」事務局より、これまでの地域段階のセミナーや調査結果を踏まえた地域ブランドの持続的発展のためのポイントについて報告を行います。

第2部では、第1部の基調講演や報告をもとに、地域ブランディングを進める上で重要なキーワードである「マーケティング、知的財産化、地理的表示、輸出、ツーリズム等の異業種間との連携」などについて、ビジネスの視点で各界の有識者の皆さんに具体的なイメージについてお話をいただくパネルディスカッションを行います(パネリストは以下参照)。

第3部は、国庫補助事業(農林水産省)「平成24年度食文化活用・創造事業」の一環として実施されるものです。地域ブランドの中でも「ご当地グルメ」に絞込み、全国各地で取り組まれている食を通した取組みについて、継続的な取組みをしていく上での重要なポイントについて専門家の皆さんにお話をいただくパネルディスカッションを行います(パネリストは以下参照)。

開催チラシ(A3)はコチラ 表面(pdf)/中面(pdf)
参加申込書(A4)はコチラ
※メールやお電話でも受け付けております。

このセミナーは、「食と農林水産業の地域ブランド協議会」と「食文化活用・創造事業検討委員会」が主催するもので、前述の協議会が全国各地で開催してきた地方セミナー(全7回)の集大成とも言える全国セミナーとなります。地域ブランドに係る『組織・人材』、『産業化するビジネスモデル』について、「地域産品の活用」、「マーケティング」、「知的財産化」、「地理的表示」等の視点から各界の有識者を交え、実践的かつ課題解決型の意見交換を行う予定です。参加費は無料。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、下記お問合せ先(株式会社ブランド総合研究所)まで、お気軽にご連絡ください。

【開催概要】
日時 : 2013年3月21日(木) 13:00〜17:00
場所 : 全国町村会館(永田町駅3番出口より徒歩1分)
URL  : http://www.zck.or.jp/kaikan/
主催 : 食と農林水産業の地域ブランド協議会、食文化活用・創造事業検討委員会

【開催スケジュール】
12:30 開場
13:00 開演
13:00 第1部 「地域ブランディングの現状整理と方向性」
基調講演
『地域ブランドの方向性』
食と農林水産業の地域ブランド協議会 会長 上原征彦

調査結果報告
『地域ブランドの持続的発展のために』
食と農林水産業の地域ブランド協議会 事務局 田中章雄

14:30~ 第2部 パネルディスカッション 「地域ブランディングの継続的な取組みを目指して」

□■パネリスト紹介■□
・東京理科大学専門職大学院 教授 生越由美(ファシリテーター)
・押本特許商標事務所 代表 押本泰彦
・株式会社JTBパブリッシング 執行役員 楓千里
・金子和夫事務所株式会社 代表取締役 金子和夫
・パルシステム生活協同組合連合会 商品本部商品企画部副本部長 栗田典子
・株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄

15:50~ 第3部 パネルディスカッション 「一過性に終わらせない、ご当地グルメ取組みのポイント」

□■パネリスト紹介■□
・東京理科大学専門職大学院 教授 生越由美
・郷土料理研究家 清絢
・日本経済新聞 特別編集委員 野瀬泰申
・富士宮やきそば学会 会長 渡邉英彦
・株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄(ファシリテーター)

17:00 閉会

17:00~ 個別相談会※
※ご当地グルメ等の食文化を通した取組みに関するご相談をご希望の方はお申し込みください。
1団体あたり15分程度、時間は追って事務局よりご連絡いたします。

【申込・お問合せ先】

開催チラシ(A3)はコチラ 表面(pdf)/中面(pdf)
参加申込書(A4)はコチラ
※メールやお電話でも受け付けております。

株式会社ブランド総合研究所 (担当:轟、森)
電話:03-3539-3011   FAX:03-3539-3013
メール:nousui@tiiki.jp  HP:http://www.syoku-brand.com/




この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府なども急上昇した。
公開: 2020-08-09 23:16:00
新型コロナの影響で帰省や旅行に行けないこの夏。首都圏にある各道県のアンテナショップで旅行気分を楽しんでみませんか? 株式会社ブランド総合研究所は各アンテナショップと共同で「GoGo!アンテナショップ」キャンペーンを展開します。
公開: 2020-08-07 16:42:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび60歳以上のシニアで、デジタル化に気後れしていると危機感を持っている人を対象とした「スマスマホと帰省」についての調査をインターネットを利用して実施しました(調査時期:2020年7月、総回収数1124人)。
公開: 2020-08-05 14:16:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の消費者約1万人を対象として、GoToトラベルキャンペーンに関する意識&ニーズ調査を実施しました(調査時期:2020年7月17日~21日)。
公開: 2020-08-03 13:14:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県。幸福度1位は宮崎県が2年連続。地域の持続性を求める声が多い結果となりました。
公開: 2020-07-29 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ