MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

福島に関する記事

表示順:
福島県矢吹町では、2月13日(月)に町内のホテルニュー日活にて農商工連携フォーラムを開催した。また、町の若者を中心に構成された矢吹町地域ブランド検討会議が試行錯誤を重ねて作った矢吹町の新ご当地メニュー「やぶきG麺」のお披露目を行った。
全国各地で地域をよりよくしようと頑張っている団体を表彰し、地域づくりの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的とした「平成23年度地域づくり総務大臣表彰」の受賞者が6日に発表された。本表彰は昭和58年に創設され、今回で29回目。
社団法人日本経済団体連合会では、11月29日(火)、経団連会館2階経団連ホール(東京都千代田区)において、東日本大震災の被災地の産業復興に関する説明会を開催する。参加は無料で、申し込みは11月21日(月)まで。
いま、福島の方々はたくさんの苦しみに耐え、多くの不安を抱えている。 しかし、そのような中でも明るい未来を信じ、希望を持って生活している多くの人がいる。そんな福島の“現在(いま)”に触れ、“未来(これから)”を語ってみるミーティングが開催される。
福島県喜多方市周辺で作られているご当地ラーメン。地元産のしょうゆを使い透明であっさりとしていながらもコクのあるスープに、太めの平たいちぢれ麺が基本だ。昭和初期に「源平軒」が中華麺に近い中華そばの屋台を引きながら売り歩いたのが原点という。
農林水産省では、被災地の農林漁業者等と食品産業事業者等との協力や、被災地の農林漁業への新技術導入等により、被災地を核とする東北地方の6次産業化を進める先導的取組を支援すべく、「6次産業化先導モデル育成事業」の募集をまもなく開始する。
10月8、9日にわたり、いわき市のア・パースニュータウンドームで、37時間に及ぶフットサルの試合が行われた。これは、東日本大震災復興支援プロジェクト「ギネス最長フットサル記録に挑戦!」として、フットサルの東北選抜と全国選抜が対戦し、連続試合時間のギネス世界記録に挑戦したもの。
福島県は、東日本大震災からの復興に向けて、「がんばろう、ふくしま!」運動を、県と県民が一体となって行っている。その一環として、福島県の農産物復興プロジェクトとして「ふくしま 新発売。」プロジェクトを8月17日に新たに立ち上げた。
中小企業基盤整備機構は、7月22日(金)~7月24日(日)の3日間、JR東京駅構内びゅうスクエアにおいて、東日本大震災の被害が大きかった東北4県(青森、岩手、宮城、福島)の被災企業を支援するため、商品の展示即売と各県の観光地のPR・情報提供を行う「がんばろう東北!地域産品販売フェア」を開催する。
観光庁は、今夏の夏休みを迎えるにあたって、2011年4月21日から開始している官民合同の「がんばろう!日本」国内旅行振興キャンペーンについて、7月13日(水)から大幅拡充する。
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt