MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域づくり総務大臣表彰にB級グルメ2団体受賞

地域づくり総務大臣表彰にB級グルメ2団体受賞

全国各地で地域をよりよくしようと頑張っている団体を表彰し、地域づくりの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的とした「平成23年度地域づくり総務大臣表彰」の受賞者が6日に発表された。本表彰は昭和58年に創設され、今回で29回目。

全国各地で地域をよりよくしようと頑張っている団体を表彰し、地域づくりの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的とした「平成23年度地域づくり総務大臣表彰」の受賞者が6日に発表された。本表彰は昭和58年に創設され、今回で29回目。

今回の受賞では、全国30団体、7名が受賞。B級ご当地グルメを通して地域の活性化に取り組む団体としては、八戸せんべい汁研究所(青森県八戸市)と浪江焼麺太国(福島県浪江町)の2団体が団体表彰を受賞した。

八戸せんべい汁研究所は、青森県八戸市周辺の郷土料理である「八戸せんべい汁」を発掘・情報収集・情報発信を先駆的に取り組んできた。さらに、「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(通称:愛Bリーグ)の立ち上げを主体的に取り組み、「B-1グランプリ」の発案・企画を通して、昨今のB級グルメブームを巻き起こした立役者でもある。
総務省が設置した分科会(緑の分権改革推進会議)の試算によると、八戸せんべい汁の経済波及効果(平成22年)が563億円に上るなど、地域貢献の高さも高く評価された。

浪江焼麺太国は、福島県浪江町商工会青年部が主体となり平成20年に設立後、太めの麺が特徴の「なみえ焼きそば」をご当地グルメとして積極的にPRし、平成22年にはB-1グランプリに初出場。昨年の10月には日清食品から「なみえ焼きそば」のカップ焼きそばも全国販売されており、注目が高まっている。
前回のB-1グランプリでは、福島第一原子力発電所事故の影響で町内全体が避難指示となっている中での参加となったが、見事4位入賞を果たした。浪江焼麺太国の取り組みを通して、町民の結束や故郷のまとまりを繋ぎとめようとする奮闘ぶりが高く評価されての受賞となった。

なお、本表彰の表彰式および記念講演・シンポジウムが、2月4日(土)に宮城県仙台市にて開催される。現在、メールまたはFAXで一般参加者も募集している。詳細は、総務省の以下のページまで。

詳細情報:平成23年地域づくり総務大臣表彰




この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
最新記事
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11
地域ブランド調査2022の結果を徹底分析。第2回目は都道府県の「魅力度の伸びランキング」の結果を紹介。1位は和歌山県、2位は奈良県、3位は福岡県と山形県。上位の都道府県はなぜ魅力度が上昇したのか?
公開: 2022-11-13 22:14:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル