MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国やきとリンピックinふくしま開催へ

全国やきとリンピックinふくしま開催へ

「全国7大やきとりの街」を中心に名物やきとりを集結させた「全国やきとリンピックinふくしま」が10月6日(土)、7日(日)の2日間の日程で、福島市・さんかく広場(福島市置賜町、福島駅東口から徒歩4分)にて開催される。

「全国7大やきとりの街」を中心に名物やきとりを集結させた「全国やきとリンピックinふくしま」が10月6日(土)、7日(日)の2日間の日程で、福島市・さんかく広場(福島市置賜町、福島駅東口から徒歩4分)にて開催される。主催は、全国やきとリンピックinふくしま実行委員会(大会会長:福島市長 瀬戸孝則、実行委員長:川俣町長 古川道郎)で今年で6回目。福島では2回目の開催となる。

「全国7大やきとりの街」とは、全国やきとり連絡協議会に所属する7つの街。北から室蘭市、美唄市、福島市、東松山市、今治市、長門市、久留米市の7つの地域から地元やきとりが集結する。鶏の内臓肉を1本の串に刺して焼きあげる「もつぐし」で有名な“美唄やきとり”や、牛・豚・鶏などが混在したスタイルで創作巻物メニューも豊富な“久留米やきとり”、そして地元・福島からは、伊達鶏や川俣シャモを炭火焼で焼きあげる“ふくしまやきとり”など特色あるやきとりが登場する。

また、今回のイベントで“新ふくしまやきとり・いいとこ鶏”が登場する。“いいとこ鶏”とは、福島県を代表する伊達鶏、会津地鶏、川俣シャモ、本宮鳥骨鶏のムネ、モモ肉をブレンドした特製つくね。福島で親しまれている塩麹を練り込み、福島県産の和梨のピューレをタレに加えた「ふくしまやきとりの会」のオリジナルレシピとなっている。今後は、やきとりだけでなく、鍋料理や中華料理などの具材としても広めていく予定。

なお、本イベントに先立ち、5日(金)には「やきとりフォーラム」を開催する。全国のやきとりを味わうことのできる、6日(土)・7日(日)のイベントは、11時から20時まで(最終日は18時まで)。イベントの詳細は、以下のページより。

詳細情報:
第6回 全国やきとリンピックinふくしま
全国やきとり連絡協議会




この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
最新記事
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル