MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
福島再興への想いが詰まったギネス世界記録達成!

福島再興への想いが詰まったギネス世界記録達成!

福島中央テレビは、3月25日(日)、福島県郡山市で開催した「ふくしま再興祭り」の会場において、グリーティングカードを使ったモザイク画によるギネス世界記録に挑戦し、世界基準となる30平米を上回る、38.88平米のモザイク画を完成させ、ギネス世界記録に認定された。

福島中央テレビは、3月25日(日)、福島県郡山市で開催した「ふくしま再興祭り」の会場において、グリーティングカードを使ったモザイク画によるギネス世界記録に挑戦し、世界基準となる30平米を上回る、38.88平米のモザイク画を完成させ、ギネス世界記録に認定された。


東日本大震災から1年、福島中央テレビは、福島県民が「最高の笑顔」を取り戻し、「再興への一歩」を踏み出してえるよう、「ふくしま再興祭り」を開催した、このイベントは、福島県産食材を使った「体が温まり元気になる、ちょっとスパイシーな鍋料理」を作る「食のチカラ」、福島出身の高橋まことさんらによるスペシャルライブが開催される「音楽のチカラ」、そしてギネス世界記録に挑戦する「みんなのチカラ」の3つのチカラ+αで開催された。

「みんなのチカラ」は、グリーティングカードを使った世界最大のモザイク画によるギネス世界記録挑戦で、ミニマムサイズは30平米である。挑戦は、祭りが開催される24日(土)、25日(日)の2日間。福島県中小企業青年中央会の方々が中心となって行った。

メッセージを書く来場者たち挑戦2日目の25日(日)の朝、この時点で貼付済のカードは約600枚、未貼付が1,500枚、そしてモザイク画を完成させるのに、後1,500枚ものカードが必要で、果たしてギネス世界記録に認定されるのか、誰もが不安を抱いていたという。10時開場と同時に、大勢の来場者がやってきて、たくさんの人がメッセージを書いてくれる。
「未来の子供たちのためにがんばろう」
「一歩前進 前向きにがんばってください」
「負けんな福島!」
「がんばろう日本 がんばろう福島」
想いが込められたたくさんのメッセージがモザイク画を構成していく。
12時。たくさんの人にメッセージを書いてもらうも、モザイク画完成にはまだまだカードが必要。中央会や福島中央テレビのスタッフ、そして地元福島のローカル芸人たちが声をからしてグリーティングカードへの記入を呼びかける。そしてその声にこたえて、1枚1枚丁寧にメッセージをつづる来場者。その想いがモザイク画を少しずつ作り上げていく。

漫画家さん6人によるメッセージボード14時、白いグリーティングカードが足りなくなり、スタッフが急いで買いに行く事態に。一方で、スタッフ達の頑張りによりモザイク画のうち8割程度貼付ができたことから、絵の全貌が徐々に明らかになり、写真撮影をしたりする人が増えてきた。なお、今回のモザイク画の原画は、「はじめの一歩」でおなじみの漫画家・森川ジョージ先生の書き下ろしで、漫画の主人公・幕之内一歩を描いた復興に向けた一歩を踏み出す力強い絵になっている。

14時45分、福島中央テレビによる生中継がスタート。当初は、この生中継中にモザイク画を完成させ、ギネス世界記録認定!・・・・・・される予定だったが、残念ながら達成できず。イベント終了の16時半を目標にスタッフ達の懸命な作業が続く。

16時00分、ようやく仮貼付が終了。ここから認定に向けて、ギネスワールドレコーズ公式認定員のショーン・カニーン氏より細かい指示が入る。特に、隙間が空いている箇所はもちろんのこと、髪の毛部分やグローブの赤いカード未貼付部分など、世界記録だからこその厳しい審査。世界一になるには一筋縄ではいかないのだ。

認定証授与16時30分、ステージ上ではイベント終了のフィナーレが行われている。残すは、ギネス世界記録挑戦のみとなった。そして16時40分ショーン氏によるチェック完了。関係者一堂がモザイク画の前に並ぶ。緊張が空間を走り、皆がショーン氏の口もとを見つめ、ドキドキしながら結果を待つ。

「認定されました!おめでとうございます!」

ショーン氏からその言葉が出た瞬間、会場は歓喜に包まれた。認定証が手渡され、皆で記念撮影。

参加したローカル芸人さんは「久しぶりに感動で震えました」と興奮しながら話し、そして今回の挑戦の担当として尽力した福島中央テレビの岡氏は「テレビ局として、次にまた挑戦したいという人がどれだけいるかわからないが、自分はまたぜひ挑戦してみたい」という熱い思いを語ってくれた。

グリーティングカードによるモザイク画福島再興への人々の想いつづられたグリーティングカードによって作られたモザイク画は、たくさんの人の笑顔とともに、復興への第一歩を勇気付けてくれる、そんな素晴らしい作品となった。

 

参考:ふくしま再興祭り公式Webサイト




この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
最新記事
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル