MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

地域ブランドに関する記事

表示順:
高級イチゴとして人気の高い「ももいちご」。 高齢化の進む四国の村で作られた地域ブランドだ。数量を追い求めるのではく、品質と希少性を大切にしながらブランド価値を守り続けている。
第9回地域ブランド調査2014 ~10月に結果発表予定~JAPANブランド育成支援事業に78件が採択全国展開プロジェクト133件の採択が決定医福食農連携推進環境整備事業の追加公募開始“幻の小麦”のラーメン~ 江別麦の会(北海道江別市)
三河国、尾張国、美濃国、加賀国、駿河国、そして安芸国。いまバーチャルの「国」が設立され、そこで複数の企業が同じデザインコンセプトで商品を展開している。「サムライ日本プロジェクト」と呼ばれる連携ブランドが話題を集めている。
知的財産の総合的活用の推進事業の追加公募日本の食魅力再発見・利用促進事業のモデル地域育成事業公募日光ブランドに自然や歴史、食など47件を認定最高級の肉と乳~蒜山ジャージー(岡山県真庭市)世界記録挑戦を一貫してサポート~『自治体パック』東南アジアへの輸出対策、「ハラル認証サポート」開始
函館市では、ハコダテを侵略しようとする「イカール星人」という宇宙人で話題騒然となっている。 函館市は、函館の街を守ろうと立ち上がった。観光はお早めに…。
農林水産品の地域ブランド化を進めるための「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」(地理的表示法)が6月18日の参院本会議で可決され、成立した。1年以内に施行される見通し。
地域団体商標の取得をきっかけに、ブランド認証基準を策定するなど、ブランド管理に積極的に取り組んでいるのが、岐阜県の飛騨木工連合会だ。
特許庁は、地域ブランドの保護・振興を目的に平成18年4月に導入した「地域団体商標制度」の一層の普及と活用を促進する取組の一環で、これまでに登録された案件から528件の地域団体商標を英語で紹介する冊子「Regional Brands in JAPAN」を作成した。
地域ブランド調査2014の調査対象となる町村を募集しています。エントリーの受付期間は6月20日(金)まで。応募方法は、所定の用紙によるFAX、またはe-mailで受け付けています。
先頭 4 5 6 7 8 9 10 最後
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt