MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

地域ブランドに関する記事

表示順:
農林水産省「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」の一環として、直売所や道の駅等での「食の体験」プログラムに関する連携組織「食・農体験ネットワーク」(事務局 株式会社ブランド総合研究所)の会員募集がスタートした。
鳥取県は7/1付けで、ソフトバンクが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」(以下ペッパー)を同県の宣伝部長に任命。
いま、全国の自治体において「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定が急務となっています。弊社が自主的に行っている「地域ブランド調査」は、9 年の実績を誇り、全国半数の自治体でも採用されている日本最大級の消費者調査ですが、今回はこれを総合戦略策定に活用していただきやすいよう、最長9年間 の自治体別個別報告書と、定住意欲や魅力度などの主要項目の経年変化分析を特別パックとしてご用意しました。本パックでは「経年変化がわかる」「誰からど のように評価されているかがわかる」など、8つの「わかる」をご提供します。あなたのまちにあったコースをお選びください。
今年で第39回を迎える「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」は、2009年の第33回大会以来のギネス世界記録へ挑戦することが決まった。
全国で取り組まれている地域ブランドの現状を、具体的な事例として紹介します。この記事は「月刊商工会」の連載記事「注目!地域ブランド」の記事として、2010年4月~2014年3月まで連載されたものです。
直売所や道の駅には様々な役割や機能がある。都市と地方との出会いの場となっていたり、地元のスーパーとなっていたり、体験プログラムを通して子どもへの食育を実施したり。先日、愛媛県の直売所・道の駅を巡ってきた。その中から、内子フレッシュパークからり、八幡浜みなっと、JAおちいまばりさいさいきて屋を紹介。
本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。
一般財団法人地域活性化センター(東京都中央区)は、平成27年6月13日(土)~14日(日)にかけてギネス世界記録を通じた地域活性化の事例やノウハウを学べる講座を開催した。
一般財団法人 地域活性化センター(東京都中央区)は、平成27年6月13日(土)~14日(日)にかけて、「ギネス世界記録への挑戦を通じた地域の活性化」について学べる講座を地域活性化センター大会議室(東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル13階)にて開催する。
先頭 2 3 4 5 6 7 8 最後
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt