MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
都道府県魅力度ランキング(地域ブランド調査2021)

都道府県魅力度ランキング(地域ブランド調査2021)

「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。



 「魅力度」とは、地域のブランド力、すなわち地域の魅力を数値化する指標。
「以下の自治体について、どの程度魅力を感じますか?」という問いに対して、「とても魅力的」を100点、「やや魅力的」を50点、「どちらでもない」、「あまり魅力を感じない」、「全く魅力的でない」を0点として、それらの回答を自治体ごとに集計(点数)として算出した。点数が大きいほど消費者はその地域を「魅力的」と感じる人が多いことになる。

 「地域ブランド調査2021」の調査結果は以下のようになった(順位の( )数字は、前年の順位)

都道府県魅力度ランキング

 都道府県の中で最も魅力度が高かったのは北海道で73.4点。都道府県の調査を開始した2009年から13年連続で1位となった。前年の60.8点から大幅上昇となった。「とても魅力的」が57.6%、「やや魅力的」が31.5%で、合計ではおよそ9割が北海道を「魅力的」と答えている。一方で「あまり魅力的でない」「全く魅力体でない」は合計でも1.0%と少ない。

 2位は京都府でこちらも13年連続の2位。点数は前年の49.9点から56.4点へと上昇。「とても魅力的」との回答率が前年の29.4%から今年は36.1%へと急増している。
 3位沖縄県、4位東京都の順位は前年と同じだが、いずれも魅力度が10点以上も上昇している。
 5位は大阪府。前年より10点以上も上昇する42.0点で、神奈川県を抜いて調査開始以来最高順位を記録した(点数も最高点)。
 6位の神奈川県は順位こそ1つ下げたが、点数は40.0点と前年より5.3点も上昇している。

 福岡県は7位となり、これは2013年と2014年に並ぶ最高位タイとなった。同じ九州では長崎県も順位を3つ上昇して8位となり、2015年の軍艦島等が世界遺産となった時以来のベスト10入りを果たした。

 ほとんどの都道府県が点数を伸ばしている。そのため、評価が上がったにもかかわらず相対的に順位が下がった都道府県も多い。つまり、順位が下がったからと言って、評価が下がったとは限らない。

千葉県、長崎県、宮崎県が急上昇(魅力度の伸び)


2021年の魅力度の結果を前年の結果と比較し、伸びの大きかった都道府県および市区町村を並べた。

 都道府県で最も魅力度の伸びが大きかったのは北海道。今年は73.4点で前年の60.8点から12.6点上昇し、2位以下との差を広げた。次に伸びが大きかったのは東京都だが、これは前回の調査の際にコロナ禍の影響で大きく順位や点数を下げたことによる反動ともいえるだろう。

 順位の上昇が最も大きかったのは千葉県で、21位から12位へと9つも上昇した。点数も北海道、東京都に次いで伸びが大きい。同県を「とても魅力的」と答えた人は11.0%で、これは前年の3.9%のおよそ3倍。しかも20代は24.6%と前年の6.3%のおよそ4倍にも増えている。こうした若い世代からの評価が急上昇したことは観光面での評価も同様で、観光意欲度は17位から12位へと急上昇している。

 他に伸びが大きかったのは、長崎県で11位から8位へと3つ順位を上げた。自然や歴史に関する評価が高まっているが、千葉県とは異なり年代においては万遍なく評価を挙げている。また、宮崎県は22位から17位へと急上昇。観光意欲度が大きく伸びている。

パンフレット(PDF)

関連ページ

・地域ブランド調査2021特設HPトップページはここをクリック (過去の結果もこちらから)
・調査概要はここをクリック
・調査結果の発表はここをクリック
・都道府県・魅力度ランキングはここをクリック 
・市区町村・魅力度ランキングはここをクリック
・各種報告書のご案内はここをクリック
・調査報告書のお申込みはここをクリック
・サンプリング(回答者)はここをクリック
・調査項目と指標はここをクリック
・統計誤差はここをクリック

≪お問い合わせ先≫

株式会社ブランド総合研究所 (担当.摺木、安田)
Tel. 03-3539-3011(代)
Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2021[アットマーク]tiiki.jp
※送信時は[アットマーク]を@(半角)に変換しお送りください。

この記事のライター
関連記事
10月13日(金)に虎ノ門実業会館(東京都港区)にて、地域ブランド調査2023記者発表会を開催いたしました。メディア各社にご出席いただいたほか、オンラインでの配信も行いました。
公開: 2023-10-11 16:47:44
毎年秋の風物詩となっている「都道府県魅力度ランキング」 これは全国47都道府県と1000の市区町村に対して、3万人以上の消費者が80項目以上の観点から評価するという大規模調査。 その調査結果から、これまでに紹介したことのない特別な小ネタを10回にわたってお伝えします。 第1回目の今回は、「なぜ、上位ランキングは変動しないの?」です
公開: 2023-08-07 09:56:00
日本各地には、その地域特有の産品がある。そこで認知度の高い産品のランキングを作成した。出典は「都道府県魅力度ランキング」で知られる「地域ブランド調査2022」の1000市区町村版から、各地の伝統工芸品や地場産業品の購入意欲度の順とした。その結果1位は今治タオルとなったが、そのランキングには大きな課題が浮かび上がってくる。
公開: 2023-04-19 17:24:53
日本各地には、その地域特有のお祭りがある。そこで認知度の高いお祭りのランキングを作成した。出典は「都道府県魅力度ランキング」で知られる「地域ブランド調査2022」の1000市区町村版から、各地のお祭りの認知度の順とした。その結果1位は阿波市。ちなみに「阿波踊り」で著名な徳島市は10位。
公開: 2023-04-06 12:56:18
都道府県魅力度ランキングは45位と低迷する埼玉県。ところが「教育・子育ての県」のイメージでは2年連続で日本一! 埼玉県の魅力の現状を分析し、地域ブランドとしての問題点と、上昇のポイントをまとめてみた
公開: 2023-01-01 21:44:00
最新記事
石垣市は2023年11月18日、ギネス世界記録「Most people grilling barbecuing simultaneously」挑戦イベントを実施。2,220人で既存記録の2,184人を36人上回り世界記録を更新しました。同イベントは、市の人口が同年7月に初めて5万人を超えたことを多くの市民と祝うため実施され、多くの市民がイベントを楽しみました。
公開: 2023-12-20 12:00:00
都内にある全国の道県のアンテナショップについて、利用の実態を明らかにするため「アンテナショップ利用実態調査 2023」を実施。その結果、コロナ禍により売上高が低迷したアンテナショップが、若者を中心として需要の高まりを見せていることがわかった。
公開: 2023-12-15 19:45:00
SDGsには17のゴールが設定されているが、どのゴールに取り組むことが最も企業の評価に効果的か? この疑問はSDGs担当者のほとんどが感じているだろう。 「企業版SDGs調査2023」では、対象となった290社のSDGs取組に対する消費者の評価の結果をもとに「重回帰分析」という手法において分析した。
公開: 2023-12-03 22:55:43
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』は、建物の老朽化による建て替え工事に伴い12月25日に閉館する。 1997年に開業し、“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント開催、観光情報、UIターン就職・移住情報の提供により“にいがた”の新鮮情報を発信してきた。
公開: 2023-12-01 17:59:52
「関係人口」とは、移定住人口でもなく、観光客などの交流人口でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指す(総務省)。 全国各地で、人口減少・高齢化が進み、地域活性化の担い手不足という課題に直面している中で、関係人口の活用が期待されている。本調査では各都道府県および市町村視点での関係人口の規模(人数)を測定するとともに、定住意欲や訪問意欲など、そして情報ニーズなどについて徹底的に調査する。
公開: 2023-12-01 17:30:36

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル