MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
統計誤差について・・・地域ブランド調査2021

統計誤差について・・・地域ブランド調査2021

「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。

調査の信頼性向上について

 調査を行う場合は、その結果には必ず誤差が生じます。また、インターネットで調査を行う場合は、不完全回答や不誠実な回答、意図的な回答などが他の調査手法に比べて多いため、それらの影響を以下に小さくするかも、信頼性を高めるには重要です。
 そこで、地域ブランド調査を実施するにあたっては、できるだけその誤差を小さくするように工夫をしているほか、集計結果の信頼性を高めるために、以下のような処置を行っています。

 ①調査対象者は、日本人口の縮図となるように回収(サンプリング)している
 ②調査対象者が回答する都道府県や市区町村を選べないように、ランダムで調査対象自治体を表示するようにしている
 ③一つの都道府県では約1000人、市区町村では約650人の回答を回収した
 ④回収した回答(約40,000人)の中から不完全回答などを削除する「クリーニング」作業を行い、約35,000人を有効回答とした
 ⑤日本の人口の縮図となるように、ウエイトバック集計を行った

統計誤差について

 調査結果には、必ず「誤差」が生じるもので、その「標本誤差」の大きさは確率論に基づいて一定の式で計算することができます(専門的なのでここでの説明は省きます。必要な方は「標本誤差」で検索してください)。

 標本誤差はサンプル数が多いほど小さくなります。また、ある選択肢の回答比率が小さいほど、その回答における誤差の比率は大きくなります。

 地域ブランド調査では全体の有効回答数は35,000人ですが、個々の自治体への評価については都道府県は約1000人、市区町村では約650人ですので、その場合の標本誤差を求めてみると以下のようになります。

ケース① 都道府県の魅力度が30点の場合
  標本数N=1000、回答比率=30%、信頼性95% 
    とすると、理論上の標本誤差は最大で±2.9 となります。つまり、本来の魅力度が
    27.1~32.9の間である確率が95%ということになります。

ケース② 都道府県の魅力度が15点の場合
  標本数N=1000、回答比率=15%、信頼性95% 
    とすると、理論上の標本誤差は最大で±2.2 となります。つまり、本来の魅力度が
    13.8~17.2の間である確率が95%ということになります。

ケース③ 市区町村の魅力度が15点の場合
  標本数N=600、回答比率=15%、信頼性95% 
    とすると、理論上の標本誤差は最大で±2.9 となります。つまり、本来の魅力度が
    13.1~17.9の間である確率が95%ということになります。

もちろん、魅力度という指標は2つの選択肢の結果から算出する方法(「とても魅力的」を100点、「やや魅力的」を50点)を採用しているため、上記の値は多少異なりますが、統計上では上記のような誤差が含まれるということになります。

パンフレット(PDF)

関連ページ

・地域ブランド調査2021特設HPトップページはここをクリック (過去の結果もこちらから)
・調査概要はここをクリック
・調査結果の発表はここをクリック
・都道府県・魅力度ランキングはここをクリック 
・市区町村・魅力度ランキングはここをクリック
・各種報告書のご案内はここをクリック
・調査報告書のお申込みはここをクリック
・サンプリング(回答者)はここをクリック
・調査項目と指標はここをクリック
・統計誤差はここをクリック

≪お問い合わせ先≫

株式会社ブランド総合研究所 (担当.摺木、安田)
Tel. 03-3539-3011(代)
Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2021[アットマーク]tiiki.jp
※送信時は[アットマーク]を@(半角)に変換しお送りください。

この記事のライター
関連記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」の結果から、1000市区町村の魅力度ランキングの結果です。1位は札幌市で9年ぶり7度目の1位。次いで函館市、京都市、小樽市、鎌倉市、横浜市、神戸市、軽井沢町、金沢市、富良野市の順でした。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得た。調査は全国約450万人の調査モニターから地域別、年代別、性別にほぼ均等となるように回収。人口に比例するようにウエイトバックしました。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル