MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
調査対象者(サンプリング)について・・・地域ブランド調査2021

調査対象者(サンプリング)について・・・地域ブランド調査2021

「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得た。調査は全国約450万人の調査モニターから地域別、年代別、性別にほぼ均等となるように回収。人口に比例するようにウエイトバックしました。

サンプリングに関する考え方と統計誤差

 調査はあらかじめ調査モニターとして登録されている全国の約450万人の中から、居住地域別、年代別、性別でほぼ均等に回収できるように抽出したモニターに調査依頼のメールを配信し、専用のアンケートページから回答をしてもらった。

 回収した回答の中から、不完全回答や、信頼性の乏しい回答(すべての自治体に対して同じ回答を行っている者など)を無効回答として処理する「クリーニング作業」を行い、結果的に35,488人を有効回答とした。

 さらに、回答者のばらつきを是正するために、2020年時点での実際の人口の縮図となるように回答者の年齢・性別・居住地を基準にウエイトバック集計を行った。

 また、集計誤差を小さくし、精度を高めるために回収数の拡大を試み、都道府県ではひとつの都道府県の回答者が平均で1021人、市区町村では649人となっている。これは理論上のサンプリング誤差は95%信頼性において、都道府県では最大で3.13%、市区町村では3.92%に収まっている。

回答者のサンプリング方法

・全国の調査モニター(約450万人)の中から、居住地域別、年代別、男女別にほぼ均等となるように抽出します。
 そのモニターにアンケートへの依頼メールを送り、回答を促します。
 年代は、20代、30代、40代、50代、60代、70代の10代刻みとしています。

・地域別、年代別、男女別にほぼ均等となるように設定した回収数に達した場合は、回収を終了します。
 回収が少ない場合は、同じ条件で追加依頼をします。

・回答者には53種類の調査グループの中から、無作為に1つの調査票を配信します。
 そのため回答者自身で回答する地域は選択できません。

・回収後は、不完全回答や、意図的・不誠実な回答など、信頼性の乏しい回答を削除(クリーニング)します
 (例:すべてで「1」を選択するなど)
 このようにして、調査の信頼性を高めるようにしています。

・日本の人口は年代や性別で均等になっていません。
 そこで、日本の縮図となるように年齢や地域人口の分布に合わせて再集計(ウエイトバック集計)を行いました。
 補正値は2020年の住民基本台帳に基づく人口(総務省)を居住6分類×年代6分類×性別2分類の72分類で算出しました。

以上により、回答者は日本の人口の縮図に近い状態になっています。
(これらは2006年の第1回目の調査から、基本的には同様の方法をとっています)

回答する自治体の設定方法

・調査の対象となる1000の市区町村を、地域別に偏りがないように20ずつ計50のグループに分けておきます。
 47都道府県は、15または16ずつの3グループに分けておきます。

・回答者には、これらの調査グループの中から一つだけに応えてもらいます。
 したがって回答者が回答する自治体を選ぶことはできません。

・市区町村の調査では、誤解を避けるために、所在する都道府県名も付記しています。「例:札幌市(北海道)」

回答者の属性

回答者の主な属性は以下の通り(ウエイトバック後)

■年齢: 20代 13.1%、30代 15.3%、40代 20.0%、50代 17.5%、60代 17.5%、70代 16.9%
■性別: 男性 49.6%、女性 50.4%
■居住地域: 北海道・東北 11.1%、関東 34.8%、中部 16.6%、近畿 17.7%、中国・四国8.6%、九州 11.1%
■婚姻: 未婚 33.7%、既婚66.3% 

パンフレット(PDF)

関連ページ

・地域ブランド調査2021特設HPトップページはここをクリック (過去の結果もこちらから)
・調査概要はここをクリック
・調査結果の発表はここをクリック
・都道府県・魅力度ランキングはここをクリック 
・市区町村・魅力度ランキングはここをクリック
・各種報告書のご案内はここをクリック
・調査報告書のお申込みはここをクリック
・サンプリング(回答者)はここをクリック
・調査項目と指標はここをクリック
・統計誤差はここをクリック

≪お問い合わせ先≫

株式会社ブランド総合研究所 (担当.摺木、安田)
Tel. 03-3539-3011(代)
Fax.03-3539-3013
E-mail:  survey2021[アットマーク]tiiki.jp
※送信時は[アットマーク]を@(半角)に変換しお送りください。

この記事のライター
関連記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」の結果から、1000市区町村の魅力度ランキングの結果です。1位は札幌市で9年ぶり7度目の1位。次いで函館市、京都市、小樽市、鎌倉市、横浜市、神戸市、軽井沢町、金沢市、富良野市の順でした。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル