MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
日本酒、日本ワインの表示が厳格化へ

日本酒、日本ワインの表示が厳格化へ

国税庁は6月12日に国産米を原料に国内で製造された清酒だけに「日本酒」の表示ができるようにする方針を明らかにした。一昨年の秋に、産地名を偽って商品や料理を提供する事件が相次いだ時から、消費者の産地表示に対する関心が高まっている。また、海外では日本産食品の輸入に当たって産地証明を義務化する動きもある

国税庁は6月12日に、国産米を原料に国内で製造された清酒だけに「日本酒」の表示ができるようにする方針を明らかにした。一昨年の秋に、産地名を偽って商品や料理を提供する事件が相次いだ時から、消費者の産地表示に対する関心が高まっている。また、海外では日本産食品の輸入に当たって産地証明を義務化する動きもある。

これまでは「白山」など一部の産地ブランドにおいて基準化されているケースがあったが、多くの産地や銘柄では明確な定義や基準はなかった。こうした中、国税庁が日本酒について原産地および製造の場所を日本国内に限定することにより、海外においての日本酒のブランド力を高め、輸出拡大につなげようとの狙いがある。

近年、海外で製造されたものが「SAKE」と表記されて販売されているケースも少なくないが、新制度の制定後は日本産の材料を使って、日本国内で製造されたものだけしか「日本酒」「JAPANESE SAKE」と表示できなくなり、違反している場合は取り締まりの対象となる。

また、「日本ワイン」も同様に、国産ブドウを原料として国内で製造されたものに限定するようになる。これまでは輸入した果実や濃縮還元果汁などを原料としたワインも「国産ワイン」と名乗っており、国産ブドウをつかって、国内で醸造されたワインがこれらと区別する表示基準はなかった。

新制度の制定後は海外産のブドウや果汁液などを使って醸造されたもの、それらとの混合で作られたものは「日本ワイン」とは名乗れなくなり、「輸入果汁・輸入ワイン使用」などと』明記しなくてはならなくなる。また日本の有力な地名を冠した名称も、その地域の材料をある一定以上の割合で使用している場合しか使用できなくなる見込みだ。

 

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6 次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施します。
公開: 2021-06-15 14:08:36
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
東京2020オリンピック聖火リレーが47都道府県を巡っていくのに合わせて、各都道府県での聖火リレー実施中に、東京スカイツリー(R)を各都道府県をイメージしたカラーにライティングする。 天望デッキには、東京2020オリンピック聖火リレーコンセプトである「Hope Lights Our Way」や「各都道府県名」等を表示する。
公開: 2021-03-26 10:12:00
山梨県印章店協同組合(山梨県笛吹市石和町四日市場1566 理事長 望月 一宏)は、甲州手彫印章の新ブランドとして「伝匠印」を発表。組合で新たに作成したホームページも公開しました。
公開: 2021-03-09 12:00:00
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6 次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施します。
公開: 2021-06-15 14:08:36
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2021-05-17 12:00:00
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-04-23 12:25:01

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル