MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
和食人気の高まりを受けて、海外のワサビ需要が急増

和食人気の高まりを受けて、海外のワサビ需要が急増

イギリスのテレグラフ紙によれば、日本食ブームを背景にワサビの世界的需要が増えているらしい。しかし手間や人件費が多くかかることから日本での生産規模は縮小し、かわりに海外のワサビ生産企業が供給源となっている。

イギリスのテレグラフ紙によれば、日本食ブームを背景にワサビの世界的需要が増えているらしい。しかし手間や人件費が多くかかることから日本での生産規模は縮小し、かわりに海外のワサビ生産企業が供給源となっている。


日本人とワサビの歴史は古く、飛鳥時代には薬用に用いられ、室町時代には現代と同じ薬味として使い方が定着した。一般庶民が寿司・蕎麦に入れて食べるようになったのは江戸期といわれ、以来、現代に至るまで日本の食にとって欠かせない薬味となっている。


(写真出典:ウィキペディア)


海外の反応はどうか。「寿司は好きだがワサビは苦手」「罰ゲームで食べて吐き出した」といった否定的・冗談半分のものから、「風味がたまらない」「えんどう豆のピューレにワサビを混ぜて、スモークサーモンに合わせると最高」といった「通」よりのものまで様々である。


口から鼻に抜ける独特の味覚は、唐辛子にはない辛さであり、これが癖になる外国人も少なくないようだ。なんといっても寿司はもう「ブーム」ではなく海外では「定番」と化しており、それにともなってワサビに触れる機会は格段に増えている。

世界的に見ると、日本食レストランを中心にワサビの需要が増加し、少しずつ一般家庭にも浸透しているようだ。ただしこのワサビには2種類あって、1つが西洋ワサビをベースに着色した市販のワサビ(粉・パック入り)。そしてもう1つが日本原産種の本ワサビ(学名:Wasabi Japonica)である。

つまり高級な日本食レストランには本ワサビが、もっと安い日本食レストランや家庭向けには加工ワサビが流通している。そして高級レストランの需要に答えるために本ワサビの栽培にのりだしているのがオーストラリア、イギリス、カナダの企業などだ。

もちろん日本からの本ワサビ輸出も取り組まれている。日本の主な産地といえば、静岡県、長野県、東京都(奥多摩)、島根県などだが、日本加工わさび協会の発表によると、H25年度輸出額は前年比97.6%増で30億6738万円であった。近年、何かとインバウンドがクローズアップされているが、ぜひ本ワサビのアウトバウンド(海外展開)にも期待したい。

(執筆:金築俊輔 ブランド総合研究所 シニアコンサルタント)

この記事のライター
関連記事
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
海士町役場人づくり特命担当(島根県隠岐郡海士町)は、2021年8月20日(金)~8月23日(月)の3泊4日、「お試し島留学」を実施。
スターバックス日本上陸25周年第2弾!「地域・地元とつながる」地元のパートナーが地元のお客様への想いをこめた「47JIMOTOフラペチーノ®」が登場 都道府県ごとのこだわりと個性豊かな47通りのフラペチーノ®をそれぞれ対応する都道府県店舗にて2021年6月30日(水)より一斉発売!
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル