MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月結果発表
ブランド総合研究所

最新記事

地域のさらなる発展のために~新しい魅力創りとより良い活用方法~公益社団法人高崎青年会議所では、魅力度が高い地域や低い地域の現状を踏まえ、どのような魅力があれば人の流れに繋がるのかについて学ぶことを目的に5月第一例会を開催する。
公開: 2019-04-26 09:18:03
村長が調理担当になる日も?~長野県根羽村の「ランチタイム」~「同じ釜の飯を食う」といった諺がある。また、ただ食事をとるだけではなく、お箸の持ち方を話したり旬の話をしたりなど、食卓こそが人が育つ場として「卓育」という新たな食育の普及も始まっている
公開: 2019-04-19 13:46:26
宇都宮ブランド推進協議会は、2019年3月5日(火)から開催されるアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2019」にて、宇都宮の食の魅力について解説する特別セミナー「餃子だけではない、世界に向けて進化する宇都宮市 ~食をキッカケに街の魅力度がアップした理由を紐解く~」を実施し、(株)ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中章雄が登壇する。
公開: 2019-02-20 20:37:17
長崎県五島市でギネス世界記録「最大のリース(人工)」の挑戦が行われました。
公開: 2019-02-18 16:52:06
食農体験ネットワーク登米協議会は、平成30年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)の一環として農泊セミナーを開催します。同協議会では、「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、食農体験などと組み合わせてた複合的な「農泊」の取組を検討してきました。
公開: 2019-02-18 11:51:49
日本政府観光局(JNTO)は2018年の訪日外国人客(インバウンド)数の年間推計値が前年比8.7%増の約3119万人となったことを発表した。
公開: 2019-01-28 04:54:15
食のバリアフリーの取り組みを推進し、人材育成や情報発信などを担うための組織として、「一般社団法人日本フードバリアフリー協会」が設立される。設立は今年度中の見込み。
公開: 2019-01-28 04:54:03
霧島市内の産学官の団体で構成する霧島市ガストロノミー推進協議会では、1月16日、霧島市初となる食を中心とした産品を「ゲンセン霧島」としてブランド認定した。
公開: 2019-01-27 18:57:00
-7beyond2020に向けて!インバウンドに食のあたらしいおもてなしブランド総合研究所は2019年1月9日に都道府県会館(東京都千代田区平河町2-6-3)において、「食のバリアフリーフォーラム」を開催しました。
公開: 2019-01-12 18:37:04
1月3日の日本テレビ系列の人気番組「秘密のケンミンSHOW」では、「新春!怒濤の4時間!超豪華カミングアウトスペシャル!!」で「どうした埼玉!jに出演。東京・都道府県会館(永田町)で「食のバリアフリー フォーラム」を開催。持続可能な開発目標(SDGs)の調査と地域や企業がどのように対処するかの提言
公開: 2019-01-01 19:43:09
長野県大町市にある、館山黒部アルペンルートの入り口でもある「大町温泉郷」に位置する温泉観光ホテル「黒部ビューホテル」では、12月22日より食のバリアフリーに準じた、インバウンドやアレルギーなどに対応した表示方式を導入した。
公開: 2018-12-24 14:47:26
糸満市観光まちづくり協議会は、ブランド総合研究所と共同で「食のバリアフリー」対応の開発商品誕生を記念したお披露目イベントを、2018年12月9日(日)に糸満市のうまんちゅ市場で開催した。「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試行プロジェクト」として実施している。
公開: 2018-12-24 14:31:11
時事通信社が発行している「地方行政」において、2018年12月6日号より「ブランド力向上へのヒント~地域ブランド調査2018より」を、毎週木曜日に連載を開始した。執筆は弊社代表取締役の田中章雄。12月6日発行の号では、第一回目として「魅力度ランキング」を掲載。
公開: 2018-12-24 14:15:26
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt