MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
【企業のSDGs取り組みを消費者が評価】調査対象企業エントリー受付中

【企業のSDGs取り組みを消費者が評価】調査対象企業エントリー受付中

株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第3回目の「企業版SDGs調査2022」を実施することとなりました。前年、第2回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第3回目の調査となります。

「企業版SDGs調査2022」の対象企業は10の業種分野別に売り上げ規模やSDGsへの取り組みに熱心な企業が対象で、基本的には前回対象の企業としており、前回結果との比較が可能です(一部、変更となる場合があります)。ただし、前年度の調査対象外の企業で、新たに調査対象を希望する企業のエントリ―を7月29日まで受け付けています。

◆調査方法

この調査は、調査モニターに登録している450万人のなかから、年代と性別が均等になるように約2万5000人以上の回答を集めて実施(各社を約1000人が評価)し、調査対象の各社のSDGs活動に対する評価(17ゴールごとの評価を含む)、企業評価などを調べるもので、個別の企業ごとに約50項目にわたって詳細に分析するとともに、回答者属性(10項目)によるクロス集計や、SDGs活動による企業評価への影響分析などを行います。

◆調査の特徴

1.各企業に対しSDGsの17ゴールごとに評価する
2.前年との比較を行い、過去1年間の活動が評価可能
3.SDGs活動による、購買行動や投資意欲、就職意欲など企業評価への効果を測定する

◆評価指標(約50項目)

この調査では、各社のSDGs活動および企業評価につながる計50項目以上の評価項目を設定しています
SDGs評価指標・・・SDGs活動評価、SDGs17ゴールごとの評価、ESG活動評価(12項目)、
           SDGsに関する情報接触経路
企業評価指標・・・認知度、好感度、商品やサービスの購入経験、投資意欲・経験、
         自分や家族の就職意欲、各社の情報接触度
回答者属性・・・居住地、年代、性別、婚姻、職業、職種、住環境、世帯年収、子どもの有無、SDGsの認知度

​◆前回の調査対象企業 210社(今回は250社で調査予定)

​◆(参考)前回の調査結果

◆調査対象企業へのエントリ―方法

報告書の購入をご検討いただける場合は、調査対象企業に追加することができます。
調査対象への追加をご希望の場合は、メールまたは電話、FAX等でご連絡ください。
締め切り:7月29日

<ご連絡先>
株式会社ブランド総合研究所 (担当 摺木)
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
E-mail: sdgs@tiiki.jp

◆調査概要

調査名:企業版SDGs調査2022
調査方法:インターネット調査
調査対象者:全国の調査モニターより、年代と性別が均等になるように抽出・回収
調査対象企業:250社(予定)
回収数:総回収数は25,000人(1社あたり1000人)以上を予定
結果発表:9月上旬(予定)
評価項目数:計50項目以上 (ほかに属性設問8項目) 

◆調査報告書のご案内

・基本セット:165,000円 総合報告書+個別報告書
・総合報告書:99,000円 A4判 約170ページ
 調査対象とした企業全社(250社以上)の結果をまとめた報告書で、前年のデータも掲載
・個別報告書:99,000円 A4判 約20ページ
 ご希望の企業の結果、属性クロス等を表やグラフ等でわかりやすくまとめた報告書。
 ※競合企業などの結果を希望の方は33,000円/社追加
・データCD:33,000円(オプション。データCDだけの注文はできません)
 お申し込みいただいた報告書のデータを収録(Excel、PDF)
・追加調査パッケージ:198,000円
 ご指定の企業や具体的な商品・サービス、活動等の認知度、理解度、
 イメージなどについて追加調査を行うもの。※詳細はお問い合わせください。
・報告会・セミナー:110,000円
 調査結果を基にセミナーまたは研修会を実施(報告書は別途)
 
 ※表示の価格は全て税込の価格です。


<問合せ先(メディアおよび読者とも)>
株式会社ブランド総合研究所 (担当 摺木)
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
E-mail: sdgs@tiiki.jp

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
株式会社ブランド総合研究所では、魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査」のほかに、都道府県の住民に対し幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査」も実施しています。(調査期間:2022年5 月 20~26 日)  その結果、住民が最も「幸せである」と感じているのは沖縄県で2年連続1位となりました。
公開: 2022-10-08 15:24:01
株式会社ブランド総合研究所では、魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査」のほかに、都道府県の住民に対し幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査」も実施しています。(調査期間:2022年5 月 20~26 日) その結果、地域の持続性を評価する持続度が最も高かったのは沖縄県で3年連続1位となりました。 
公開: 2022-10-08 15:19:18
株式会社ブランド総合研究所では、魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査」のほかに、都道府県ごとの住民が地域のSDGsへの取組をどのように評価をしているかを調査した「地域版SDGs調査」も実施しています。(調査期間:2022年5 月 20~26 日)
公開: 2022-10-08 15:19:06
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施しました。その結果、最も評価が高いのは3年連続でトヨタ自動車、2位はイオン、3位はユニクロとなりました。(調査時期 2022年7月27日~7月30日)
公開: 2022-10-08 14:56:37
株式会社ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施しました。その結果から、業種別のSDGs評価ランキングを紹介します。(調査時期 2022年7月27日~7月30日)
公開: 2022-10-08 14:50:51
最新記事
林野庁では林業の成長産業化を図るため、平成 29 年度より、地域の森林資源の循環利用を通じて地元に利益を還元し、 地域の活性化に取り組む地域を「林業成長産業化地域(モデル地域)」として選定し、林業成長産業化地域創出モデル事業 を通じて支援しています。モデル地域の取組の成果を全国に普及展開する場として、成果報告会を開催します。
公開: 2023-01-17 14:11:00
昨年3月に惜しまれながらも閉店となった兵庫県アンテナショップが、公民連携型アンテナショップという、新しいアンテナショップの形態として首都圏に展開していくことが発表された。
公開: 2023-01-12 15:44:00
都道府県魅力度ランキングは45位と低迷する埼玉県。ところが「教育・子育ての県」のイメージでは2年連続で日本一! 埼玉県の魅力の現状を分析し、地域ブランドとしての問題点と、上昇のポイントをまとめてみた
公開: 2023-01-01 21:44:00
都内に34店ある都道府県の「アンテナショップの実態調査2022」を実施したところ、来場者が観光情報を入手する場所として活用しており、その効果は店舗売上を上回るほどの誘客効果につながっていることが明らかになった。
公開: 2022-12-27 17:57:16
「都道府県魅力度ランキング」でおなじみの地域ブランド調査では89項目のランキング項目があり、その中で「観光に行きたい都道府県ランキング」を発表。5位は福岡県、4位は東京都、3位は沖縄県、2位は京都府、1位は北海道となった。
公開: 2022-12-25 23:41:42

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル