MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定/福岡県筑前町

世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定/福岡県筑前町

本イベントは、朝倉郡筑前町の特産品である小麦「筑前麦太郎」や、九州で生まれた新しい黒大豆「筑前クロダマル」を世界に発信することを目的に、朝倉青年会議所が開催した。

5月10日、福岡県筑前町で「世界一長いバームクーヘン作り」に挑戦するイベントが開催された。

本イベントは、朝倉郡筑前町の特産品である小麦「筑前麦太郎」や、九州で生まれた新しい黒大豆「筑前クロダマル」を世界に発信することを目的に、朝倉青年会議所が開催した。
今回挑戦に用意したバームクーヘンの長さは20.327メートル。これは、昭和20年3月27日の大刀洗大空襲を忘れないようにと平和の願いが込められている。

本記録達成の大きな条件は3つ

1.長さを更新すること(越えなければならない記録は14.654m)
2.層が10層以上確認できること
3.伝統的な配合、通常の製法で作ること

この通常の製法で作らなければならないというルールのため、バームクーヘンを巻きつける棒も特注の巨大な鉄棒が用意された。

快晴にも恵まれ、当日集まった参加者・運営スタッフは約920名。福岡県内だけでなく、九州各地から世界記録を達成しようと参加者がつめかけ、キャンセル待ちが大量に発生するという盛況ぶりであった。

11時50分挑戦開始。バームクーヘンは塗りむらができないよう、横一列に40人が並び一斉にはけでバームクーへンの生地を塗っていく。
塗り終えたら焼き台に鉄棒を移動させ、焼き上がったら次の40人がまた塗り作業を行うというサイクルを20回以上も繰り返された。
もちろんその間は生地が垂れないよう、鉄棒を回し続けなければならない。



順調に挑戦が進み、完成も見えてきたその時、なんとバームクーヘンの一部が崩れ落ちてしまうトラブルが発生。会場からは悲鳴があがり、落胆ムードに包まれた。



しかし、今年に入ってからは毎日準備や打合せを重ねてきた朝倉青年会議所メンバ-はあきらめることなく、すぐさま修復作業を開始。
予定終了時刻を1時間以上遅らせて16時すぎにバームクーヘンを完成させた。



ギネスワールドレコーズジャパン ジャスティン・パターソン公式認定員により、10層以上のバームクーヘンになっているか、出来栄えはバームクーヘンとして認められるものかどうか審査が行われた。

会場全体が見守る中、いよいよ緊張の結果発表。
「基準を満たしバームクーヘンとして認められたのは・・・16.480m」ジャスティン・パターソン公式認定員から結果が発表され、世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定された。

会場は大きな歓声につつまれ、世界記録のあかしである認定証が朝倉青年会議所メンバーに手渡され、感動のフィナーレを迎えた。



記録名:Longest baumkuchen
記録:16.480メートル
認定日:2015年5月10日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2020 年 4 月の訪日外客数は、2,900 ⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、7 か月連続で前年同月を下回った。また単月の訪日外客数としては、JNTO で統計を取り始めた1964 年以降、過去最少。
公開: 2020-05-20 16:20:00
「エコにテイクアウトを楽しむ。」亀岡市ならではの支援事業を展開。21年から全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止に踏み切る京都府亀岡市。環境の側面からコロナに苦しむ飲食店を応援しようと、「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンを始めた。
公開: 2020-05-18 10:36:40
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第3回目は飲食業の具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-18 01:24:12
日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表した。
公開: 2020-05-14 13:45:09
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ