MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
関係人口からの情報ニーズが高いのは沖縄、高知、長野

関係人口からの情報ニーズが高いのは沖縄、高知、長野

県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

各都道府県とか関わりがあり、地域活性化や移住につながる可能性が高いのが“関係人口”とされている。この調査では2万人の大規模調査の結果を基に、各県の出身者や、地域を応援したい人(ファン、サポーター)の人口を推定するとともに、その人たちの移住意欲度、地域活性化につながる行動意欲、情報ニーズなどを数値化。本調査では、各都道府県の出身者(居住者を除く)と、応援者(居住者および出身者以外にその都道府県を「応援したい」と思っている人)の両方を「関係人口」と定義した。

調査結果速報(PDFファイル)はこちらからダウンロード
「関係人口の意識調査」ニュースリリース

関係人口からの情報ニーズが高いのは沖縄、高知、長野

 関係人口の中で最も情報ニーズが高かった都道府県は沖縄県で76.7%。次に高知県76.1%、長野県74.9%と続いた。

欲しい情報を以下のグラフ15の選択肢から選んでもらい、都道府県ごとの出現率(%)を算出した。

関係人口の情報ニーズで最も高いのは「観光」

 関係人口が求める情報で最も高いのは「観光や見どころ」(33.6%)で、居住者(19.8%)を大きく上回った。

 また、「地域産品、農産品、伝統工芸品」(居住者11.8%、関係人口19.6%、以下同)や「伝統芸能、文化」(8.4%、12.6%)、「人気のある食、店舗など」(24.2%、26.0%)、「移住や求人」(4.1%、5.0%)は、関係人口の方が情報ニーズが高い傾向にある。

 一方、居住者は「スポーツ」(6.7%、5.2%)、「地域経済に関するニュース」(11.9%、9.1%)、「気候、季節に関するニュース」(13.4%、10.0%)、「災害に関する状況やニュース」(15.2%、11.4%)、「行政や選挙等」(6.5%、3.0%)、「教育や子育て」(8.1%、2.8%)、「医療や病院」(14.0%、5.0%)、「技術や研究」(3.5%、2.5%)といった地域に根ざした情報を求めている。

欲しい情報を15の選択肢から選んでもらい、都道府県ごとの出現率(%)を算出した。

本調査における関係人口の定義

本調査では、各都道府県の出身者(居住者を除く)と、応援者(居住者および出身者以外にその都道府県を「応援したい」と思っている人)の両方を「関係人口」とした。 応援者については、その都道府県との関係性から、以下のように分類した。

・居住系・・・・・・過去に居住していたり、現在も家族や知人等がいる
・活動系・・・・・・ふるさと納税やボランティアなどをしたことがある
・通勤・通学系・・・・通勤・通学や、仕事で訪問したことがある
・訪問系・・・・・・頻度に関係なく、ワーケーションなどで訪問したことがある



調査概要

調査名 :関係人口の意識調査2021
調査方法:インターネット調査
回答者 :調査モニター
     各年代別の男女(18歳以上79歳以下)をほぼ同数ずつ回収
回答数 :有効回答数 20,508人
調査時期:2021年2月17日~2月23日
調査対象:47都道府県
調査項目:計74項目(地域との関係性、定住意欲、移住意欲、訪問状況、観光意欲、地域貢献につながる行動、情報ニーズ、地域の魅力など)+属性

調査報告書

総合報告書:68,000円(税込)A4判120ページ
個別報告書:48,000円(税込)A4判24ページ
基本セット:98,000円(税込)総合報告書+個別報告書+電子データ
詳細はこちら

申込について

FAX・メール・WEBよりお申込みいただけます。

FAX・メールでお申込みの方
用紙ダウンロード
用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上FAXまたはメールにてご送信下さい。

WEBからお申込みの方
申込フォーム

問い合わせ

株式会社ブランド総合研究所
〒東京都港区虎ノ門1丁目8-5
担当.菅波(スガナミ) 
TEL:03-3539-3011 FAX:03-3539-3013
E-mail : project★tiiki.jp(★を@に変換してください)

調査結果データのご利用の方は下記のフォームよりご依頼ください。
データ引用・利用規定 申請・依頼フォーム

「関係人口の意識調査2021」の関連ページ一覧

調査概要

■調査結果
  【県外の応援者・出身者】最多は福島で居住人口の6.8倍「関係人口の意識調査」

■報告書申し込み
  各県の "関係人口の移住意欲・情報ニーズを数値化" 調査報告書【申込開始】

■調査方針
  「関係人口の意識調査2021」調査開始。史上初・関係人口の推定も実施!


調査結果分析

■”地域と多様に関わる県外の応援者”「関係人口」とは
  詳しくはこちら

■福岡の関係人口28.4%が移住意欲あり【全国で最多】
  詳しくはこちら

■関係人口「観光、帰省したい」が7割
  詳しくはこちら

■関係人口の訪問率1位は埼玉県
  詳しくはこちら

■関係人口は全国に1億2千万人
  詳しくはこちら

■出身地以外に「応援したい都道府県あり」5割以上
  詳しくはこちら

■「ワーケーション」関係人口の創出に寄与
  詳しくはこちら

■関係人口”地域の魅力”として感じるものは
  詳しくはこちら

■関係人口による「食事がおいしい都道府県」ランキング
  詳しくはこちら

この記事のライター
関連記事
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施。その結果の一部公開。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施。
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施。
最新記事
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。
農林水産省・全国食育推進ネットワーク(事務局・ブランド総合研究所)では第3回食育ミニセミナー&サロンを1/25にオンライン(ZOOM)で実施します。地産地消等優良活動表彰・文部科学大臣賞の沖縄県伊江村立伊江中学校の村ぐるみでの食育活動についてです。
ブランド総合研究所は各都道府県の住民を対象として、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施。その中から定住意欲度のランキングを紹介する

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル