MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

栃木県に関する記事

表示順:
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
各地の観光地では新型コロナの影響で売上激減。そしてお土産や地域産品は売れ残り、食品ロスになってしまいます。そんな観光地の地域産品を食べて、応援してください!そして、おうちで観光地の魅力もぜひ知って&味わってください。
宇都宮市をはじめ、地域の経済・まちづくり団体や市民等で構成する宇都宮ブランド推進協議会は、2019年7月25日(木)に、宇都宮市役所にて「宇都宮愉快ロゴ 1000個達成記念セレモニー」を開催いたしました。
宇都宮市の宇都宮ブランド推進協議会では、市民自らが「共働き子育てしやすい街」「住みよさ」「SDGs(持続可能な開発目標)先進度」といった宇都宮市の魅力を発見・発信する事業を支援します。
宇都宮ブランド推進協議会は、2019年3月5日(火)から開催されるアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2019」にて、宇都宮の食の魅力について解説する特別セミナー「餃子だけではない、世界に向けて進化する宇都宮市 ~食をキッカケに街の魅力度がアップした理由を紐解く~」を実施し、(株)ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中章雄が登壇する。
2018年10月27日、栃木県宇都宮市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したのは「Most toasts in three minutes (team of 50)」。企画したのは宇都宮ブランド推進協議会で、宇都宮市が今年5月に文化庁の日本遺産に認定されたことを記念して挑戦を行いました。
宇都宮ブランド推進協議会は、10/27(土)午後、宇都宮市にある大谷景観公園にて、ギネス世界記録挑戦イベントを開催するにあたり、その参加者を100名募集している。
宇都宮市では、同市ブランド戦略指針に掲げる「市民の誇りの醸成」と「市外からの憧れ(来訪意欲)」をより一層促進するために、市民自らが、新しい視点で宇都宮の魅力を発見・発信する事業で、波及効果が期待できる活動を支援する。募集は8月10日まで。
宇都宮市では、市民から見た宇都宮の暮らしの魅力、地域資源の魅力(食・音楽・イベント・自然・農産物・スポーツ・歴史・文化・人など)を発信するために、「愉快ライター」を募集する。応募は7月25日まで。
栃木県小山市では、地域資源「本場結城紬」を活用した観光誘客調査業務の一環として、「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を、平成29年3月24日(金)に市外から6名の参加者(東京都3名、神奈川県3名)を集めて実施しました。
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt