MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「スポーツや文化活動に熱心な企業」1位はミズノ

「スポーツや文化活動に熱心な企業」1位はミズノ

消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

「スポーツや文化活動に熱心な企業」1位はミズノ、2位DeNA、3位日本ハム

ブランド総合研究所の実施した『企業版SDGs調査2020』の調査対象企業(全210社)の中でESG活動評価「スポーツや文化活動に熱心」が最も高かったのはミズノで全体の14.9%に上っている。2位はDeNA(13.9%)、3位は日本ハム(11.6%)、4位はサントリー(11.5%)、5位は日本コカ・コーラ(10.7%)となった。
また、新たに『企業版SDGs調査2021』の調査を開始し、9月上旬に結果を発表する。

『企業版SDGs調査2020』について

『企業版SDGs調査2020』では、投資経験者、ビジネスマン、SDGs認知者、専業主婦、若年層などのステークホルダー約1万人が、日本を代表する企業210社のSDGsへの取り組み全体を評価するとともに、各社のESG活動(「環境に配慮している」「地域に貢献している」など)20項目についてもそれぞれ評価している。

調査概要(2020年版)

■調査方法:  インターネット調査
■調査対象:  業界ごとに売上規模の大きい企業およびSDGsへの取り組みが盛んな企業を中心に独自に210社を選定
■回答者:   登録調査モニター(20歳以上)から年代、性別を均等に回収
■回収数:   10,500人(各企業は500人)
■有効回答数: 9,561人(不完全回答および信頼性の乏しい回答を除いた)
■調査時期:  2020年3月5日~3月11日
■調査項目:  企業評価指標:認知度、好感度、利用経験、投資意欲、就職意欲
        企業情報の接触:商品、株式、環境、スポーツ等(12項目)
        情報入手経路:TV、新聞、Web、環境・IR報告書等(13項目)
        SDGs評価指標:各社のSDGsへの取り組みの評価(5段階)
        ESG活動評価:環境、地域、CSR、雇用、女性、教育、法順守等(20項目)
        ESG関連行動:投資経験、SDGs認知
        回答者属性:居住地、年代、性別、婚姻、子供の有無、職業、世帯年収、住居
        自由意見:各社の企業活動に関する自由意見

新たな『企業版SDGs調査2021』について

調査概要(2021年版)

■調査名:   企業版SDGs調査2021
■調査方法:  インターネット調査
■調査対象者: 全国の調査モニターより、年代と性別が均等になるように抽出・回収
■調査時期:  7月下旬
■結果発表:  9月上旬(予定)
■評価項目数: 計50項目以上(ほかに属性設問8項目)

お問合せ

株式会社ブランド総合研究所 
担当.菅波、摺木
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
E-mail: sdgs@tiiki.jp

関連記事

SDGs調査記事一覧

◆企業版SDGs調査2021
・ 企業のSDGs取り組みを消費者が評価。

◆企業版SDGs調査2020
・ 「企業版SDGs調査2020」調査概要と報告書の構成
・ 企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ
・ 食品関連企業のSDGs評価、最上位はアサヒビール
・ SDGs 日本の企業でいまはどのような活動が必要か?
・ 企業情報への接触率、SDGs認知者では平均の2倍に
・ 投資家による投資意欲度ランキング、1位はキユーピー

◆地域版SDGs調査2021
・ SDGsを評価している人ほど、幸福度が高い
・ 幸福度1位は沖縄県。宮崎県は2位に
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

◆代表コラム
・ 地域活性化とSDGs・・・地域はいま何を取り組むべきか(2020年5月)

◆都道府県SDGs調査2020
・ 2020年調査概要
・ 2020年結果概要 SDGs取組評価1位は鳥取県
・ 幸福度ランキング2020「1位は2年連続で宮崎県。沖縄、大分、鳥取が急上昇」
・ 愛着度ランキング2020「1位は北海道(2年連続)。岩手県が急上昇して4位に」
・ 定住意欲度・持続度ランキング2020「1位は北海道。沖縄、石川、静岡が上昇し、東京は急落」
・ 調査結果の分析活用イメージ

◆市版SDGs調査2020
・ 調査概要
・ 結果概要 1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市、満足は豊橋市
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

この記事のライター
関連記事
株式会社ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、金融業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:49:10
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、輸送業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:40:43
株式会社ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、情報・教育業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:17:52
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、流通・飲食業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-28 09:13:27
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、飲料・食品業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-28 07:46:00
最新記事
株式会社ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、金融業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:49:10
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、輸送業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:40:43
株式会社ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、情報・教育業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-29 03:17:52
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、流通・飲食業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-28 09:13:27
ブランド総合研究所は国内有力企業のSDGs取組やESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。その結果から、飲料・食品業界グループのSDGs評価ランキングを紹介する。
公開: 2022-09-28 07:46:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル