MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「企業版SDGs調査2021」対象企業が確定!調査開始

「企業版SDGs調査2021」対象企業が確定!調査開始

株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。前年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。

株式会社ブランド総合研究所では昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。昨年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。

「企業版SDGs調査2021」の対象企業は10の業種分野別に売り上げ規模やSDGsへの取り組みに熱心な企業210社が対象で、基本的には前回対象の企業としており、前回結果との比較が可能です。

調査方法

この調査は、調査モニターに登録している450万人のなかから、年代と性別が均等になるように約1万2000人の回答を集めて実施(各社を約600人が評価)し、調査対象の各社のSDGs活動に対する評価(17ゴールごとの評価を含む)、企業評価などを調べるもので、個別の企業ごとに約50項目にわたって詳細に分析するとともに、回答者属性(10項目)によるクロス集計や、SDGs活動による企業評価への影響分析などを行います。

調査の特徴

1.各企業に対しSDGsの17ゴールごとに評価する
2.前年との比較を行い、過去1年間の活動が評価可能
3.SDGs活動による、購買行動や投資意欲、就職意欲など企業評価への効果を測定する

評価指標(約50項目)

この調査では、各社のSDGs活動および企業評価につながる計50項目以上の評価項目を設定しています。
SDGs評価指標: SDGs活動評価、SDGs17ゴールごとの評価、
          ESG活動評価(12項目)、SDGsに関する情報接触経路
企業評価指標:   認知度、好感度、商品やサービスの購入経験、投資意欲・経験、
          自分や家族の就職意欲、各社の情報接触度
回答者属性:    居住地、年代、性別、婚姻、職業、職種、住環境、世帯年収、
          子どもの有無、SDGsの認知度

調査対象一覧

調査概要

■調査名:   企業版SDGs調査2021
■調査方法:  インターネット調査
■調査対象者: 全国の調査モニターより、年代と性別が均等になるように抽出・回収
■調査時期:  7月下旬
■結果発表:  9月上旬(予定)
■評価項目数: 計50項目以上(ほかに属性設問8項目) 

調査報告書

•基本セット: 165,000円 総合報告書+個別報告書
•総合報告書: 99,000円 A4判 約170ページ
       調査対象とした企業全社(200社以上)の結果をまとめた報告書で、前年のデータも掲載
•個別報告書: 99,000円 A4判 約15ページ
       ご希望の企業の結果、属性クロス等を表やグラフ等でわかりやすくまとめた報告書。
       ※競合企業など結果を希望の方は33,000円/社追加
•データCD: 33,000円(オプション。データCDだけの注文はできません)
      お申し込みいただいた報告書のデータを収録(Excel、PDF)
•追加調査パッケージ: 198,000円
            ご指定の企業や具体的な商品・サービス、活動等の認知度、理解度、
            イメージなどについて追加調査を行うもの。※詳細はお問い合わせください。
• 報告会、セミナー: 110,000円 
           調査結果を基にセミナーまたは研修会を実施(報告書は別途)

※表示の価格は全て税込の価格です。

申込み: WEB申込みフォーム
     FAX用紙のダウンロード
案 内: 企業版SDGs調査案内パンフレット

お問合せ

株式会社ブランド総合研究所 
担当.菅波、摺木
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
E-mail: sdgs@tiiki.jp

関連記事

SDGs調査記事一覧

◆企業版SDGs調査2021
・ 企業のSDGs取り組みを消費者が評価。

◆企業版SDGs調査2020
・ 「企業版SDGs調査2020」調査概要と報告書の構成
・ 企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ
・ 食品関連企業のSDGs評価、最上位はアサヒビール
・ SDGs 日本の企業でいまはどのような活動が必要か?
・ 企業情報への接触率、SDGs認知者では平均の2倍に
・ 投資家による投資意欲度ランキング、1位はキユーピー

◆地域版SDGs調査2021
・ SDGsを評価している人ほど、幸福度が高い
・ 幸福度1位は沖縄県。宮崎県は2位に
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

◆代表コラム
・ 地域活性化とSDGs・・・地域はいま何を取り組むべきか(2020年5月)

◆都道府県SDGs調査2020
・ 2020年調査概要
・ 2020年結果概要 SDGs取組評価1位は鳥取県
・ 幸福度ランキング2020「1位は2年連続で宮崎県。沖縄、大分、鳥取が急上昇」
・ 愛着度ランキング2020「1位は北海道(2年連続)。岩手県が急上昇して4位に」
・ 定住意欲度・持続度ランキング2020「1位は北海道。沖縄、石川、静岡が上昇し、東京は急落」
・ 調査結果の分析活用イメージ

◆市版SDGs調査2020
・ 調査概要
・ 結果概要 1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市、満足は豊橋市
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

この記事のライター
関連記事
ブランド総合研究所は各都道府県の住民を対象として、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施。その中から定住意欲度のランキングを紹介する
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
株式会社ブランド総合研究所は、2021年5月、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題、自治体のSDGsへの取り組みの評価などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施した。
株式会社ブランド総合研究所は、2021年5月、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題、自治体のSDGsへの取り組みの評価などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施した。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル