MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「女性が働きやすい企業」1位はワコール

「女性が働きやすい企業」1位はワコール

消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

「女性が働きやすい企業2020」1位はワコール、2位ヤクルト、3位イオン

ブランド総合研究所の実施した『企業版SDGs調査2020』の調査対象企業(全210社)の中でESG活動評価「女性が働きやすい」が最も高かったのはワコールで全体の17.2%に上っている。2位はヤクルト(15.5%)、3位はイオン(13.0%)、4位は日本マクドナルド(12.3%)、5位はしまむら(11.9%)となった。上位は消費者が手に取る機会の多い最終消費財のメーカー、普段から利用することの多い小売り・外食が多い結果となった。
また、新たに『企業版SDGs調査2021』の調査を開始し、9月上旬に結果を発表する。

『企業版SDGs調査2020』について

『企業版SDGs調査2020』では、投資経験者、ビジネスマン、SDGs認知者、専業主婦、若年層などのステークホルダー約1万人が、日本を代表する企業210社のSDGsへの取り組み全体を評価するとともに、各社のESG活動(「環境に配慮している」「地域に貢献している」など)20項目についてもそれぞれ評価している。

調査概要(2020年版)

■調査方法:  インターネット調査
■調査対象:  業界ごとに売上規模の大きい企業およびSDGsへの取り組みが盛んな企業を中心に独自に210社を選定
■回答者:   登録調査モニター(20歳以上)から年代、性別を均等に回収
■回収数:   10,500人(各企業は500人)
■有効回答数: 9,561人(不完全回答および信頼性の乏しい回答を除いた)
■調査時期:  2020年3月5日~3月11日
■調査項目:  企業評価指標:認知度、好感度、利用経験、投資意欲、就職意欲
        企業情報の接触:商品、株式、環境、スポーツ等(12項目)
        情報入手経路:TV、新聞、Web、環境・IR報告書等(13項目)
        SDGs評価指標:各社のSDGsへの取り組みの評価(5段階)
        ESG活動評価:環境、地域、CSR、雇用、女性、教育、法順守等(20項目)
        ESG関連行動:投資経験、SDGs認知
        回答者属性:居住地、年代、性別、婚姻、子供の有無、職業、世帯年収、住居
        自由意見:各社の企業活動に関する自由意見

新たな『企業版SDGs調査2021』について

調査概要(2021年版)

■調査名:   企業版SDGs調査2021
■調査方法:  インターネット調査
■調査対象者: 全国の調査モニターより、年代と性別が均等になるように抽出・回収
■調査時期:  7月下旬
■結果発表:  9月上旬(予定)
■評価項目数: 計50項目以上(ほかに属性設問8項目)

お問合せ

株式会社ブランド総合研究所 
担当.菅波、摺木
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
E-mail: sdgs@tiiki.jp

関連記事

SDGs調査記事一覧

◆企業版SDGs調査2021
・ 企業のSDGs取り組みを消費者が評価。

◆企業版SDGs調査2020
・ 「企業版SDGs調査2020」調査概要と報告書の構成
・ 企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ
・ 食品関連企業のSDGs評価、最上位はアサヒビール
・ SDGs 日本の企業でいまはどのような活動が必要か?
・ 企業情報への接触率、SDGs認知者では平均の2倍に
・ 投資家による投資意欲度ランキング、1位はキユーピー

◆地域版SDGs調査2021
・ SDGsを評価している人ほど、幸福度が高い
・ 幸福度1位は沖縄県。宮崎県は2位に
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

◆代表コラム
・ 地域活性化とSDGs・・・地域はいま何を取り組むべきか(2020年5月)

◆都道府県SDGs調査2020
・ 2020年調査概要
・ 2020年結果概要 SDGs取組評価1位は鳥取県
・ 幸福度ランキング2020「1位は2年連続で宮崎県。沖縄、大分、鳥取が急上昇」
・ 愛着度ランキング2020「1位は北海道(2年連続)。岩手県が急上昇して4位に」
・ 定住意欲度・持続度ランキング2020「1位は北海道。沖縄、石川、静岡が上昇し、東京は急落」
・ 調査結果の分析活用イメージ

◆市版SDGs調査2020
・ 調査概要
・ 結果概要 1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市、満足は豊橋市
・ 住民によるSDGs評価、鳥取県が2年連続1位

この記事のライター
関連記事
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。前年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
最新記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本事業に参加いただく首都圏の若い方々を募集しています。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル