MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
【コロナ対策】プラスチックごみゼロ宣言のまち亀岡市が、“エコクーポン”で市内飲食店を応援!

【コロナ対策】プラスチックごみゼロ宣言のまち亀岡市が、“エコクーポン”で市内飲食店を応援!

「エコにテイクアウトを楽しむ。」亀岡市ならではの支援事業を展開。21年から全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止に踏み切る京都府亀岡市。環境の側面からコロナに苦しむ飲食店を応援しようと、「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンを始めた。

「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンとは

取組店舗「アムール」

取組店舗「アムール」の紙製容器

亀岡市では、コロナによる打撃を受けた飲食店の支援を目的に、「出前でうちメシ応援キャンペーン」として、テイクアウトやデリバリーで使えるクーポン付きチラシを市内全世帯に配布している。本キャンペーンと連携し、地域経済の活性化とエコの両立を目指そうと始めたのが「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンだ。

市民がテイクアウトやデリバリーを利用する際に、エコバッグや容器を持参したり、お箸やスプーンを辞退するとプラごみゼロシールがもらえる。(一度に複数枚もらうこともできる)このシールを5枚以上集めると、1枚につき10円分のクーポンとして利用可能。店舗にとってはプラスチック製容器・持ち帰り袋の削減につながり、消費者にとっても割引が受けられるお得な制度になっている。対象店舗は、「出前でうちメシ応援キャンペーン」登録店舗の中から協力を募り、賛同した店舗だ(5月15日現在 91店舗)。

【シール配布期間】6月30日まで
【クーポン使用期間】7月31日まで

「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンページ

エコクーポンシール

「プラごみゼロ宣言」のまち亀岡

亀岡市を流れる保津川

2018年12月、亀岡市と亀岡市議会は「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発表。市内中心部を流れる保津川から地球規模の問題となっている海洋プラスチック汚染を一連のものと考え、使い捨てプラスチックごみの削減に市をあげて取り組むことを決めた。そのためには、自然環境の保全と地域経済の活性化を切り離して考えるのではなく、一体的に捉え、持続可能なまちづくりを進める必要がある。今回のクーポンキャンペーンもその取り組みの一つとして行うものだ。

亀岡の環境の取り組みを象徴する「KAMEOKA FLY BAG FLY BAG Project」

今年3月に可決された「亀岡市プラスチック製レジ袋の提供禁止に関する条例」は、プラスチック製レジ袋の提供が有償無償問わず禁止する全国初の条例となった。2021年1月からの条例施行については、事業者から賛否の意見があるのも事実だが、このテイクアウトやデリバリーでの使い捨てプラスチックを削減しようという声は民間事業者から上がったもの。ふるさとの川を守り、そして世界規模の海洋問題の解決につなげる、人々の輪は着実に広がっている。

亀岡市では引き続き、賛成・反対の多様な意見をいただきながら、支援策の検討や啓発活動、民間企業との連携強化に取り組んでいくという。

環境先進都市の実現に向けて、コロナに負けず、亀岡の挑戦は続く。

かめおかプラスチックごみゼロ宣言特集ページ

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2020 年 4 月の訪日外客数は、2,900 ⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、7 か月連続で前年同月を下回った。また単月の訪日外客数としては、JNTO で統計を取り始めた1964 年以降、過去最少。
公開: 2020-05-20 16:20:00
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第3回目は飲食業の具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-18 01:24:12
日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表した。
公開: 2020-05-14 13:45:09
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第2回目は観光面での具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-08 18:45:13
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル