MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
福井県が農産物直売所交流フェアを山形県と同時開催

福井県が農産物直売所交流フェアを山形県と同時開催

福井県では「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」の活動の一環として、山形県との相互販売フェアを、6月25日から県内の直売所にて開催する。

福井県では「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」の活動の一環として、山形県との相互販売フェアを、6月25日から県内の直売所にて開催する。

福井県をはじめとする11県で構成されている「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」は、地方の豊かな直売活動をさらに発展させるため、同ネットワークに参加する各県の農産物直売所が、お互いの魅力ある産物を相互に販売する仕組みを作り、直売所の賑わい創出と、県産農水産物の県外での知名度アップを図ることを目的としている。

平成22年度から農産物直売所間の相互販売を開催しており、今年度の第1弾企画として、福井県は昨年度も相互販売を行った山形県との相互販売フェアを6月25日(土)から実施する。

今回のフェアでは、福井県内の14店舗(昨年比+9)、山形県内の6店舗(昨年比+3)の参加を得て、昨年度以上に多くの直売所で、賑わいづくりと両県特産品のPR活動を行っていく。

また、フェア初日の6月25日(土)には、アグリらんど喜ね舎(福井市)で記念イベントが開催される。

1 相互販売フェア

(1)福井県内での販売


  • 期 間:平成23年6月25日(土)~7月8日(金)

  • 実施直売所:13直売所(別紙「実施計画」のとおり)

  • 販売品:
    ・サクランボ(佐藤錦)…参考売価200g1パック500円程度
    ・加工品(ぶどうジュース、ももジュース)…参考売価190g1本120円程度


(2)山形県内での販売

  • 期 間:平成23年6月25日(土)~7月8日(金)

  • 実施直売所:6直売所(別紙「実施計画」のとおり)

  • 販売品:
    ・マルセイユメロン(花咲紅姫)
    ・福井梅
    ・ラッキョウ
    ・越のルビー加工品


2 記念イベント「初夏の宝石!山形サクランボ祭」

(1)日 時:平成23年6月25日(土)8:20~(なくなり次第終了)

(2)会 場:アグリらんど喜ね舎(福井市河増町9字10-1)

(3)内 容:

  • オープニングセレモニー 8:20~8:30

  • 両県特産品の無料配布  8:30~
    山形県:サクランボ(佐藤錦)30gパック×先着100名
    福井県:喜ね舎特製 おはぎ 先着100名

  • サクランボ、マルセイユメロン試食販売(なくなり次第終了)


3 福井県農産物直売所 統一フェア

(1)期 間:平成23年6月25日(土)~7月8日(金)

(2)実施直売所:福井県内7直売所(別紙「実施計画」のとおり)

(3)内 容:

  • 共通品目販売(マルセイユメロン、福井梅、ラッキョウ)

  • 各店舗自慢の逸品販売

  • 店頭での試食イベント開催(6月25日(土)、7月2日(土))


 

添付資料

【Word】山形県フェア 実施計画

【PDF】【資料1】ふるさと知事ネットワーク直売所交流 概要

【Word】販売農産物の紹介

【Word】【資料】参加直売所

この記事のライター
関連記事
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
海士町役場人づくり特命担当(島根県隠岐郡海士町)は、2021年8月20日(金)~8月23日(月)の3泊4日、「お試し島留学」を実施。
スターバックス日本上陸25周年第2弾!「地域・地元とつながる」地元のパートナーが地元のお客様への想いをこめた「47JIMOTOフラペチーノ®」が登場 都道府県ごとのこだわりと個性豊かな47通りのフラペチーノ®をそれぞれ対応する都道府県店舗にて2021年6月30日(水)より一斉発売!
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル