MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定/福岡県筑前町

世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定/福岡県筑前町

本イベントは、朝倉郡筑前町の特産品である小麦「筑前麦太郎」や、九州で生まれた新しい黒大豆「筑前クロダマル」を世界に発信することを目的に、朝倉青年会議所が開催した。

5月10日、福岡県筑前町で「世界一長いバームクーヘン作り」に挑戦するイベントが開催された。

本イベントは、朝倉郡筑前町の特産品である小麦「筑前麦太郎」や、九州で生まれた新しい黒大豆「筑前クロダマル」を世界に発信することを目的に、朝倉青年会議所が開催した。
今回挑戦に用意したバームクーヘンの長さは20.327メートル。これは、昭和20年3月27日の大刀洗大空襲を忘れないようにと平和の願いが込められている。

本記録達成の大きな条件は3つ

1.長さを更新すること(越えなければならない記録は14.654m)
2.層が10層以上確認できること
3.伝統的な配合、通常の製法で作ること

この通常の製法で作らなければならないというルールのため、バームクーヘンを巻きつける棒も特注の巨大な鉄棒が用意された。

快晴にも恵まれ、当日集まった参加者・運営スタッフは約920名。福岡県内だけでなく、九州各地から世界記録を達成しようと参加者がつめかけ、キャンセル待ちが大量に発生するという盛況ぶりであった。

11時50分挑戦開始。バームクーヘンは塗りむらができないよう、横一列に40人が並び一斉にはけでバームクーへンの生地を塗っていく。
塗り終えたら焼き台に鉄棒を移動させ、焼き上がったら次の40人がまた塗り作業を行うというサイクルを20回以上も繰り返された。
もちろんその間は生地が垂れないよう、鉄棒を回し続けなければならない。



順調に挑戦が進み、完成も見えてきたその時、なんとバームクーヘンの一部が崩れ落ちてしまうトラブルが発生。会場からは悲鳴があがり、落胆ムードに包まれた。



しかし、今年に入ってからは毎日準備や打合せを重ねてきた朝倉青年会議所メンバ-はあきらめることなく、すぐさま修復作業を開始。
予定終了時刻を1時間以上遅らせて16時すぎにバームクーヘンを完成させた。



ギネスワールドレコーズジャパン ジャスティン・パターソン公式認定員により、10層以上のバームクーヘンになっているか、出来栄えはバームクーヘンとして認められるものかどうか審査が行われた。

会場全体が見守る中、いよいよ緊張の結果発表。
「基準を満たしバームクーヘンとして認められたのは・・・16.480m」ジャスティン・パターソン公式認定員から結果が発表され、世界一長いバームクーヘンとしてギネス世界記録に認定された。

会場は大きな歓声につつまれ、世界記録のあかしである認定証が朝倉青年会議所メンバーに手渡され、感動のフィナーレを迎えた。



記録名:Longest baumkuchen
記録:16.480メートル
認定日:2015年5月10日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
公開: 2021-12-15 14:00:00
最新記事
住民が自らの居住している都道府県に対して、最も魅力を感じているのは沖縄県・・・。毎年秋に発表し、大きな話題となっている「都道府県・魅力度ランキング」を実施している株式会社ブランド総合研究所が、住民が自ら居住している都道府県についての評価を求める調査「地域の持続性調査2022」を実施したところ、このような結果となりました。
公開: 2022-08-17 00:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、地域と関係性の強い地域企業の”好感度”や、地域の持続性向上への”貢献度”(サステナビリティ貢献度)について、住民による評価を明らかにする調査「第4回地域版SDGs調査2022」の結果をもとにランキングを作成しました。
公開: 2022-08-03 15:00:00
このたび各都道府県の住民に対し幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」をインターネットで実施しました。 その結果、地域の持続性を評価する持続度が最も高かったのは沖縄県で3年連続1位となりました。 
公開: 2022-07-27 17:30:00
このたび各都道府県の住民に対し、幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」を実施しました。その結果、住民が最も「幸せである」と感じているのは沖縄県で2年連続1位となりました。
公開: 2022-07-25 12:01:21
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第3回目の「企業版SDGs調査2022」を実施することとなりました。前年、第2回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第3回目の調査となります。
公開: 2022-07-22 13:30:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル