MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
千葉県習志野市「公共施設再生に関するワークショップ」開催

千葉県習志野市「公共施設再生に関するワークショップ」開催

1月18日(土)・19日(日)に公共施設の再生に関する説明会・ワークショップを市内の会場で開催する。参加申し込みは不要。

ワークショップ「みんなで考える公共施設の未来」を開催

習志野市は平成28年に内閣府の先進・優良事例、令和元年に総務省及び国土交通省の先進事例として取り上げられるなど、「公共施設の再生」や「公共施設マネジメント」の分野で先進的な取り組みを進めてきた。
令和2年度からスタートする「習志野市公共施設再生計画」の第2期計画期間に向けて、市民の声を聴取し計画の見直し作業に活かすため、改正(素案)の説明と市民の方などの意見を聞くためのワークショップを市内5か所で開催する。本ワークショップが市民の方などへ改正内容を説明する初めての試みとなる。
公共施設の老朽化問題について理解を深め、将来の人口動態、財政状況等を念頭に置きつつ、公共施設の老朽化問題とまちづくりを考える機会を創出する。

【内容】
令和2年1月18日(土曜)
・10時30分~12時  実籾コミュニティホール ホール2・3
              (住所:実籾5丁目3番20号)
・15時30分~17時  プラッツ習志野 北館 集会室3
              (住所:本大久保3丁目8番19号)
 
令和2年1月19日(日曜)
・ 9時30分~11時  ゆいまーる習志野 福祉交流スペース
              (住所:秋津3丁目5番1号)
・13時30分~15時  谷津コミュニティセンター ふれあいルーム
              (住所:谷津5丁目16番33号) 
・16時~18時  サンロード津田沼6階 大会議室
              (住所:津田沼5丁目12番12号)

○対象:習志野市内在住・在勤・在学の方
○定員:各回50名
○託児サービス:満6ケ月以上のお子様を対象に託児サービスを実施します(事前申込制)。
電話、市ホームページ申込専用フォームまたはFAXのいずれかの方法で資産管理課へ。

【流れ】
 (1)「第2次公共施設再生計画(素案)」の説明・情報共有
 (2)「習志野市における問題解決の方法」ワークショップ
 (3) 発表・まとめ

■詳しくは、習志野市ホームページへ
https://www.city.narashino.lg.jp/joho/matidukurisanka/koukyou_saisei/shinpojiumu/202001shiminsetumeikai_workshop.html

■問合せ
習志野市政策経営部資産管理課
電話:047-453-7465

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル