MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
伊勢志摩サミットの“成功”に向けて~4/6に都内でセミナー

伊勢志摩サミットの“成功”に向けて~4/6に都内でセミナー

2016年5月25、26日に『伊勢志摩サミット』は2008年『北海道洞爺湖サミット』に続き、6回目の日本開催となる。日本経済新聞社では第5回NIKKEI ASIAN REVIEW Marketing Seminarを開催、伊勢市情報発信センターの所長に就任しているブランド総合研究所の田中章雄も登壇

2016年5月25、26日に開催される『伊勢志摩サミット』は2008年『北海道洞爺湖サミット』に続き、6回目の日本開催となる。そこで、日本経済新聞社では『伊勢志摩サミット50日前』となる4月6日に、『伊勢志摩サミット』をPR,広告関係の業界、メディアの方々を対象に、第5回NIKKEI ASIAN REVIEW Marketing Seminarを開催。伊勢市情報発信センターの所長に就任しているブランド総合研究所の田中章雄も登壇する。

『伊勢志摩サミット』の海外情報発信を継続するために、三重県や伊勢市では、①英語情報の提供、②デジタルでの情報発信などを増やしている。

今回現地では三重県伊勢市県営サンアリーナに数千人規模の国内外プレスを収容する国際メディアセンター(IMC)を開設する。

また、首都圏では三重県の情報発信拠点として、2013年日本橋に開設した三重テラスの中に特別コーナーを開設。会場である伊勢市は情報発信センター(所長:田中章雄)を設置し、伊勢市広報事務所を伊勢市駅の敷地内と、都内に開設して、本格的なメディア対応を行っている。 なお、同情報発信センターの所長には、シティプロモーション戦略および広報戦略の実績に長けたブランド総合研究所の田中章雄が就任した。

今回は、『三重県を学ぶ』『伊勢志摩サミットを学ぶ』ことを勉強会を趣旨とし、以下のセミナーを大手町・日経ビルにて開催する。

【想定聴講対象者】


  • 海外メディア東京支局、支社の方

  • 広告会社の国際部門、グローバル企業の国際部門の方

  • 伊勢志摩サミットに関連・関心のある企業の広報・広告部門の方

  • インバウンドやデジタル分野で海外情報発信に関連企業の方


【申込サイト】

  • https://eventregist.com/e/nar20160406


【スケジュール】

  • 開催日 : 4月6日(水)17:00-19:00

  • 開場17:00

  • 開演17:30


プログラム

  • 17:35~18:20 演題:『伊勢志摩サミットの”成功”に向けて-サミット開催50日前-』
    講師:三重県雇用経済部伊勢志摩サミット推進局長 西城 昭二 氏

  • 18:25~19:00 座談会『伊勢志摩サミットの海外情報発信~海外に伝えたい三重県の魅力とは~』
    登壇者:日本政府観光局(JNTO) 海外プロモーション部長 亀山 秀一 氏
    登壇者:伊勢市情報発信センター所長 田中章雄 氏(㈱ブランド総合研究所 社長)
    モデレーター:日本経済新聞社グローバル事業局


問い合わせ先 日本経済新聞社 グローバル事業局 菊地

  • nobuyuki.kikuchi@nex.nikkei.com


 

この記事のライター
関連記事
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
海士町役場人づくり特命担当(島根県隠岐郡海士町)は、2021年8月20日(金)~8月23日(月)の3泊4日、「お試し島留学」を実施。
スターバックス日本上陸25周年第2弾!「地域・地元とつながる」地元のパートナーが地元のお客様への想いをこめた「47JIMOTOフラペチーノ®」が登場 都道府県ごとのこだわりと個性豊かな47通りのフラペチーノ®をそれぞれ対応する都道府県店舗にて2021年6月30日(水)より一斉発売!
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル