MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
第1回行政コンソーシアム木島平校 11/17開催

第1回行政コンソーシアム木島平校 11/17開催

長野県木島平村では、11月17日より木島平村文明塾が主宰となり、小規模自治体の職員を対象に農山漁村の再生を目指した課題解決のための方策などを学び、職員同士の連携と交流を含めたネットワークづくりを目指す「行政コンソーシアム木島平校」を開催する。

長野県木島平村では、平成23年度より地域の集落の住民と学生との交流を通した、学びと地域づくりを目指し「農村版大学コンソーシアム」を開催しているが、今年11月17日より木島平村文明塾が主宰となり、小規模自治体の職員を対象に農山漁村の再生を目指した課題解決のための方策などを学び、職員同士の連携と交流を含めたネットワークづくりを目指す「行政コンソーシアム木島平校」を開催する。

「農山村交流全国フォーラム in 木島平」において提唱された「農村文明」とは、「日本の農山村が有する食料生産、水源涵養、癒しの場といった多面的な機能に加え、稲作を中心に森と水の循環系を守りつつ、自然と共生して農耕生活を行う中で営々と築いてきた歴史的、文化的、教育的な価値、さらには地域で支え合う地域自治機能といった価値や機能を時代に即してさらに磨きをかけ、質の高いものに昇華させた自然と共存可能な持続型の文明」と定義されているところである。

特にコンソーシアムといって多様な人たちの参加による地域再生の試みを行っており、4年前から大学コンソーシアム:首都圏の学生を対象に5泊6日の集落再生への取り組みを行い、今年から「行政コンソーシアム」と銘打って、小規模自治体職員を対象に学びと交流(参加者同士、集落との交流)を中心とした研修を開催する。

11月17日から開催される「第1回行政コンソーシアム木島平校」は、地域資源/資産を活かした「まち・むらづくり-小規模自治体職員の仕事と地域活動から内発的な地域づくりの実践を学ぶ-」をテーマに、名誉校長として「大森 彌先生」、校長として「椎川 忍先生」により、農村地域で実践的にご活躍している先生たちの講義と交流会を実施する。

詳細はこちら 行政コンソーシアム木島平校


  • 主  催:木島平村農村文明塾

  • 実施期間:平成26年11月17日(月)~21日(金) 〔4泊5日〕

  • 申込条件:小規模自治体の職員(町村職員)

  • 会  場:長野県下高井郡木島平村農村交流館

  • 講師紹介:


[名誉校長]大森 彌氏(東京大学名誉教授)
[校長]椎川 忍氏(一般財団法人地域活性化センター理事長)
[講師]岡崎昌之氏(法政大学教授)
[講師]辻 一幸氏(山梨県早川町長)
[講師]宮口侗廸氏(早稲田大学教授)
[講師]安田喜憲氏(立命館大学環太平洋文明研究センター長)
[WSファシリテーター]高橋信博氏(山形県農産漁村計画課地域づくり専門員)
[WSファシリテーター]井原満明氏(農村文明塾総合コーディネーター)




  • 宿泊場所:同上

  • 定  員:30名(先着順)

  • 参加費用:35,000円(宿泊費、食費を含む。ただし、交通費は除く)

  • 送  迎:JR飯山線飯山駅12時30分集合

  • 申込締切:10月24日(金)※定員になり次第締め切ります。

  • お申込み・お問い合せ先 <ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください>

  • 農村文明塾事務局(長野県木島平村農村交流館内)
    担当 武田幸一 / 事務局長 竹原雄一 / 総合コーディネーター 井原満明
    〒389-2303 長野県下高井郡木島平村大字上木島1762 農村交流館内
    電話 0269-82-2041(平日8:30~17:15)
    ファックス 0269-82-4020
    メール kijimadaira@nousonbunmei.jp


 

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
公開: 2021-12-15 14:00:00
最新記事
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル