MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
農村起業家サポート募金サイトをNPOが立ち上げ

農村起業家サポート募金サイトをNPOが立ち上げ

NPO法人えがおつなげては、社会起業家を継続的に支援する試みとして、「農村起業家サポート募金サイト」を立ち上げ、2月18日からの運用開始を目指す。

NPO法人えがおつなげては、社会起業家を継続的に支援する試みとして、「農村起業家サポート募金サイト」を立ち上げ、2月18日からの運用開始を目指す。


NPO法人えがおつなげてでは、農山漁村の活性化と雇用創造を目的とした「えがお大学院」(内閣府「地域社会雇用創造事業」において平成23年中に45名の農山漁村活性化を志す社会起業家が起業した。 このような社会起業家を継続的に支援する試みとして、金沢工業大学が出資して設立した株式会社KIT MSPが開発し、主要カード会社と提携した新たなファンドレイジングの仕組みとしても活用できる小額決済システム(MicroPayment)を利用した募金プラットフォームによる「農村起業家サポート募金サイト」を立ち上げる。

農村起業家サポート募金サイトは、農村起業家1万人輩出、内需型地域産業5,000億円、地域雇用5万人のための資金支援を目指したもの。

募金方法は、公募し審査により採択された農山漁村の活性化と雇用創造を目的とした地域の産業やコミュニティの活性化をはかる、設立3年以内の農村起業家の事業を「農村起業家サポート募金サイト」に公開し、個人、法人より最低1,000円から募金を受付る。募金者は、最初に指定のクレジット会社を通じてえがおつなげてに募金する。その募金を、支援したい事業に対し、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円単位で振り分け、農村起業家へ直接募金を届けるシステム。

運用開始は、45名の社会起業家のビジネスマッチングの場として開催する第一回農村起業EXPO(東京千代田区ちよだプラットフォームスクウェア)の開催日である平成24年2月18日(土)を予定。募金対象者の公開は、まずはこの45名のなかから若干名でスタートし、その後は1年に1~2回の公募を行う予定。

特定非営利活動法人えがおつなげて(山梨県北杜市 代表理事:曽根原久司/以下、NPO法人えがおつなげて)は、農業をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを目的に山梨県北杜市を中心に、「村・人・時代づくり」を行っている。

詳細は「えがおつなげて公式サイト」 http://www.npo-egao.net/

この記事のライター
関連記事
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
東京2020オリンピック聖火リレーが47都道府県を巡っていくのに合わせて、各都道府県での聖火リレー実施中に、東京スカイツリー(R)を各都道府県をイメージしたカラーにライティングする。 天望デッキには、東京2020オリンピック聖火リレーコンセプトである「Hope Lights Our Way」や「各都道府県名」等を表示する。
公開: 2021-03-26 10:12:00
山梨県印章店協同組合(山梨県笛吹市石和町四日市場1566 理事長 望月 一宏)は、甲州手彫印章の新ブランドとして「伝匠印」を発表。組合で新たに作成したホームページも公開しました。
公開: 2021-03-09 12:00:00
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-04-16 13:02:00
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル