MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
JR西が生食用「お嬢サバ」を販売。養殖ブランド活性へ

JR西が生食用「お嬢サバ」を販売。養殖ブランド活性へ

JR西日本は鳥取県で養殖した、刺身など生で食べられるサバ「お嬢サバ」の販売を始める。このサバは鳥取県栽培漁業センターが、鳥取県湯梨浜町で陸で養殖した。マルハニチロの奄美クロマグロ、近大マグロなど広がっている

JR西日本は鳥取県で養殖した、刺身など生で食べられるサバ「お嬢サバ」の販売を始める。

このサバは鳥取県栽培漁業センターが、鳥取県湯梨浜町の海岸近くで地下約50メートルからしみ出た海水をくみ上げて陸上で養殖しているため、プランクトンに由来する寄生虫がつきにくいため、冷凍処理などをしなくても刺身など生で食べることができる。すでに数千匹の養殖がおこなわれており、今回が初出荷になる。



大阪市北区のサバ料理専門店「SABAR」の南森町店で活け作りとして提供される予定。予定価格は「サバ」にちなんで3800円(税込)の予定で、380食限定とのことだ。

最近、養殖のブランド魚への取り組みが盛んに行われるようになっており、消費者からの評価も確実に高まっている。マルハニチロは2010年に民間で初めてクロマグロの完全養殖に成功し、奄美大島の養殖場で育てたクロマグロ1500本をイオン各店で「トップバリュ グリーンアイ 奄美うまれ生本まぐろ」として今年6月から販売を開始している。

また、近畿大学では完全養殖した「近大マグロ」が市場で高い評価を得ているほか、イシダイやイシガキダイなどの養殖も展開している。さらに、鹿児島の大隅半島の養鰻業者との協力で、食用ナマズの養殖に取り組み、6月よりかば焼きにしたものをうなぎ料理店で試験販売しているなど、養殖ブランドの展開に積極的だ。

その他にも、北海道ではチョウザメ、山形県のシロザケなど、各地でも養殖によるブランド魚の開発や展開が進んでいる。

 

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2020 年 4 月の訪日外客数は、2,900 ⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、7 か月連続で前年同月を下回った。また単月の訪日外客数としては、JNTO で統計を取り始めた1964 年以降、過去最少。
公開: 2020-05-20 16:20:00
「エコにテイクアウトを楽しむ。」亀岡市ならではの支援事業を展開。21年から全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止に踏み切る京都府亀岡市。環境の側面からコロナに苦しむ飲食店を応援しようと、「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンを始めた。
公開: 2020-05-18 10:36:40
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第3回目は飲食業の具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-18 01:24:12
日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表した。
公開: 2020-05-14 13:45:09
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ