MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
(終了)食農体験を活用した「就農・定住体験」のインターン受入施設募集(8/31締切)

(終了)食農体験を活用した「就農・定住体験」のインターン受入施設募集(8/31締切)

ブランド総合研究所では、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の採択を受け、農村地域への移住促進と活性化対策として食農体験を活用した研修事業を実施。その研修生(インターン)を15日間受け入れる地域・施設(全国で6施設)を募集します。

移住、就農につながる体験(インターン)の受け入れ施設募集(終了)

このたび株式会社ブランド総合研究所では、農林水産省の「令和2年度農村漁村振興交付金(地域活性化対策(人材発掘事業))」の採択を受け、農村地域への移住促進と活性化対策として食農体験を活用した研修事業を実施します。その研修生(インターン)を15日間(休日を含むと3週間)受け入れていただける地域・施設を募集します。

この事業は地域の農業の活性化や担い手の募集につながる体験研修(インターン)を地域で実施し、具体的な体験を通して食や農、地域についての魅力を知ってもらい、実際の就農や定住につなげてもらおうというのが狙いです。
研修生の募集、研修に係る費用(研修生の交通費・宿泊費を含む)などは地域には一切負担がありませんので、ぜひ受け入れ地域としてなることをご検討いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、研修生は3大都市圏の40代前後の方を中心に30名(各地域5名ほど)を想定、研修期間は10月から1月までの3週間(休日を除き、研修日数は15日間)を想定しています。

研修(就農・定住体験)の内容は、各地での農業、食品加工、飲食、食品流通などの実務を経験するとともに、その地域の文化や観光なども通して、地域の魅力を存分に感じていただくような内容を予定しています。

食農体験ネットワーク協議会 URL https://news.tiiki.jp/shokuno

終了しました、ご応募ありがとうございました
沖縄県糸満市 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)終了/レポート
山口県宇部市 2020年11月9日(月)~11月27日(金)終了/レポート
宮城県登米市 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)終了/レポート
熊本県小国町 2020年11月22日(日)~12月12日(土)修了/レポート
滋賀県東近江市 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)※緊急事態宣言により延期
長崎県大村市 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)修了/レポート{border:end}

※各研修は修了後に記事を公開します

更新(2020.9.1)6箇所決まりました!ご応募ありがとうございました。

受け入れ地域


沖縄県糸満市 / 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)
山口県宇部市 / 2020年11月9日(月)~11月27日(金)
宮城県登米市 / 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)
熊本県阿蘇郡小国町 / 2020年11月22日(日)~12月12日(土)
滋賀県東近江市 / 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)
⑥長崎県大村市 / 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)

受け入れ条件等

この事業を受け入れていただく条件は以下の通りです。

1.研修に当たっての経費および必要備品は当事業から支払います。地域が研修生に対して費用を負担することは原則ございません。
2.受け入れていただく地域や施設には、指導料を弊社の規定に沿った額をお支払いします
3.参加する研修生の募集費用、研修参加のための交通費、宿泊費などは当事業費より支払います(個人負担はありません)
4.研修生には食費等にあてていただくための日当をお支払いします
5.コロナ対策として、消毒、衛生、マスク着用などを実践していただきます
6.採択地域は、地域性や研修生の希望などを加味して6か所選ばせていただきます
7.研修にあたってはその内容や受け入れ方法などについて、受け入れ側の要望を加味して、弊社側でプログラムを作成させていただき、実施のアドバイス等もさせていただきます。また、研修の一部の講師は弊社より派遣させていただきます。

人口の減少・高齢化、地域コミュニティの活力低下などや、農家の担い手不足など対処すべき問題に対し、今回の新型コロナウイルス感染をきっかけに、農業の見直しや、地方移住への興味が高まっている中で、今回の取り組みにおいてこうした課題の解決につなげられればと思っております。

事業概要

(1)目 的 
就農・就業希望者に対し、農業 または直売所や食品加工などの作業を体験してもらい、農業や地域の魅力を感じてもらい定住・就農につなげる。

(2)応募資格
農山漁村において、就業の場を提供可能な農業や食に関連した施設または団体で生産者、食品加工業、飲食業と連携可能なリーダーを有する組織・施設等

(3)受入人数
1地域・施設ごとに5名程度(全国で計30名)

(4)受入期間
10中旬~1月の3週間(日程は希望により調整します)

(5)内 容
研修の内容としては現状では以下を想定しています。

■食や農業に関する内容
①収益性の高い高付加価値な農産品や地域性の高い産品の栽培に関するもの
②それらを活用した付加価値の高い加工品やメニューなどに関するもの
③農産品直売所による流通・販売に関するもの
④食育や観光などにつながる農業体験に関するもの

■地域の魅力を感じ、定住につなげる内容
⑤地域の魅力や風習、文化などに関するもの
⑥地域での交流やコミュニティへの参加
⑦就農や定住につながる各地の支援・補助など

■その他
⑧食農体験ソムリエ資格の取得(事務局主催による研修)
⑨その他

(6)応募地域・施設数
6件程度

(7)募集締切日
8月31日(月)12:00

問い合わせ、お申し込み
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5
TEL 03-3539-3011
株式会社ブランド総合研究所 
食農体験ネットワーク協議会事務局 山崎
お問い合わせ・申し込みフォーム
※専用ファームの問い合わせ欄に以下の必要事項をご記入の上、ご連絡ください。

事前説明会(下記)の参加の可否(東京、オンライン会議)

施設事前説明会

施設向けの事前説明会を開催します。

【 受入研修施設対象 】
■日程 :2020年08月26日 水曜日
■会場:アットビジネスセンター渋谷東口駅前 305号室(13時30分 ~ 15時30分)
〒150-0002 渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル
■定員:15名(会場)
■参加方法:現地もしくはオンライン(Zoom)
※オンライン希望者はご連絡ください。
■参加締切:8月25日 火曜日 16:00

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。
公開: 2021-01-20 12:56:00
最新記事
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2021-05-17 12:00:00
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-04-23 12:25:01
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル