MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「同時におにぎりを作った最多人数」でギネス世界記録を更新|北海道旭川市

「同時におにぎりを作った最多人数」でギネス世界記録を更新|北海道旭川市

2016年8月27日、北海道旭川市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Most people making rice balls simultaneously」(同時におにぎりを作った最多人数)というもの。1人1個ずつおにぎりを作り、5分間という制限時間内に成功した人数を競う挑

2016年10月10日、北海道旭川市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Most people making rice balls simultaneously」(同時におにぎりを作った最多人数)というもの。1人1個ずつおにぎりを作り、5分間という制限時間内に成功した人数を競う挑戦です。

イベントを主催したのは上川地区農業協同組合長会(事務局:JA北海道中央会旭川支所)で、米どころの上川地区をPRしようという「秋の大収穫祭2016」の一環で世界記録挑戦が行われました。おにぎりに使用したお米は、上川地区で誕生した人気品種「ゆめぴりか」の新米。上川地区は、全道のお米の生産量の1/4を占めており、昼夜の寒暖差やミネラル豊富な雪解け水がお米の生産に好条件と言われる北海道米の優良産地なのだそうです。

さて、これまでの記録は、なんと挑戦前日に福島県湯川村で樹立されたばかりの新記録である976名。当初1,000人での挑戦を目指していた主催者にとって、衝撃の大記録でしたが、当日会場には1,292人と1,300人近くの挑戦者が集まり一安心。

参加者は、配られたお米に梅干しを入れながら、制限時間の5分以内におにぎりを握ります。出来上がったおにぎりは型崩れしたり、梅干しが表から見えたりすると失格になるという厳しいルール。小学生の子どもたちも沢山参加しましたが、大人が手助けをすることはルール上できません。みんな真剣におにぎり作りに取組みました。


制限時間の5分が過ぎると、参加者はおにぎりに手を触れず、公式認定員たちの審査を待ちます。おにぎりの出来栄えを一個一個確認していく作業を、会場中が固唾をのんで見守ります。
そして結果発表。残念ながら19個が失格になってしまったものの、1,273個という新記録がギネス世界記録として認められました。

なお、この挑戦は、挑戦後必ず使用した食べ物を食べないと記録として認められません。記録認定後は挑戦者たちが一斉にぱくり。美味しい思いでになりました。


記録名:「Most people making rice balls simultaneously」(同時におにぎりを作った最多人数)
記録:1,273人
認定日:2016年 10月10日

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
公開: 2021-12-15 14:00:00
最新記事
住民が自らの居住している都道府県に対して、最も魅力を感じているのは沖縄県・・・。毎年秋に発表し、大きな話題となっている「都道府県・魅力度ランキング」を実施している株式会社ブランド総合研究所が、住民が自ら居住している都道府県についての評価を求める調査「地域の持続性調査2022」を実施したところ、このような結果となりました。
公開: 2022-08-17 00:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、地域と関係性の強い地域企業の”好感度”や、地域の持続性向上への”貢献度”(サステナビリティ貢献度)について、住民による評価を明らかにする調査「第4回地域版SDGs調査2022」の結果をもとにランキングを作成しました。
公開: 2022-08-03 15:00:00
このたび各都道府県の住民に対し幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」をインターネットで実施しました。 その結果、地域の持続性を評価する持続度が最も高かったのは沖縄県で3年連続1位となりました。 
公開: 2022-07-27 17:30:00
このたび各都道府県の住民に対し、幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」を実施しました。その結果、住民が最も「幸せである」と感じているのは沖縄県で2年連続1位となりました。
公開: 2022-07-25 12:01:21
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第3回目の「企業版SDGs調査2022」を実施することとなりました。前年、第2回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第3回目の調査となります。
公開: 2022-07-22 13:30:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル