MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「農商工連携の“宝さがし”in北海道」が新千歳空港で開催

「農商工連携の“宝さがし”in北海道」が新千歳空港で開催

3月6日と7日の2日間、自然の恵み豊かな北海道、その玄関口・新千歳空港のターミナルビル・センタープラザに、北海道各地の35社の事業者が集結し、「農商工連携逸品会~農商工連携の“宝さがし”in北海道」が開催された。

春の訪れを前に、3月6日と7日の2日間、自然の恵み豊かな北海道、その玄関口・新千歳空港のターミナルビル・センタープラザに、北海道各地の35社の事業者が集結し、「農商工連携逸品会~農商工連携の“宝さがし”in北海道」が開催された。

農商工連携とは、農林水産業者と商工業者がそれぞれの有する経営資源を互いに持ち寄り、新商品・新サービスの開発等を協働で行う取り組みのこと。

今回の企画は、食農連携促進事業として、地域の支援対象企業開発製品の販売促進会として、農林水産省と経済産業省の支援で行われた。

北海道の自然を活した北海道ならではの新商品の数々が出展され、その商品を手にとって飲食・試食もでき、5感でその素晴らしさを感じとれ、商品の一部は空港内のテナントで購入できるという、お客様の視点に立った活気溢れる楽しいイベントとなった。  従来の商談会や物産展と異なっているのは、このイベントが行われるにあたり、先に空港のテナントと事前商談が成立しているという点。つまりこのイベントは実際にテナントと一緒になって商品を販売する実演の場、となっていることだ。

会場は、新聞やTVなどでも大きく報道され、空港利用者だけではなく、多くの周辺住民も集まった。また、新製品の紹介ステージも用意され、趣向を凝らした商品紹介が行われて、商品の魅力に多くの人が耳を傾けた。

生産者にとってもお客様の生の声を肌で感じ取る機会ともなり、新商品販売の弾みをつける有意義な場となったうえ、空港テナントの販売も好評で、最終日には売切れ続出という状態だった。

この模様を、動画でご覧頂くことができます。

関連情報【動画(YouTube)】農商工連携逸品会~農商工連携の宝さがしin北海道 」 ハイライト

関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(1)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(2)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(3)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(4)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(5)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(6)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者紹介(7)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」来場者インタビュー
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」出展者インタビュー
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」新商品紹介ステージ (1)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」新商品紹介ステージ (2)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」新商品紹介ステージ (3)
関連情報【動画(YouTube)】「農商工連携の宝さがしin北海道」新商品紹介ステージ (4)

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル