MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
鳥取県、人型ロボットPepperを宣伝部長に任命

鳥取県、人型ロボットPepperを宣伝部長に任命

鳥取県は7/1付けで、ソフトバンクが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」(以下ペッパー)を同県の宣伝部長に任命。

鳥取県は7月1付けで、ソフトバンクが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」(以下ペッパー)を同県の宣伝部長に任命。ペッパーは7/1・2の二日間にわたり東京都港区にあるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の店頭で鳥取県の特産品であるスイカのPR業務を行い、7/1の朝には平井伸治鳥取県知事よりペッパーに辞令交付式を実施。当日会場には18社ものメディアが取材に訪れ、その様子は全国、そして海外にも報道された。


【鳥取県のPRに勤しむペッパー】


兎角行政組織で上記のような催しを行う場合<数ヶ月前から関係各所と綿密な調整が必要なのではないか>と思われる方も多いのではないだろうか。そこで今回の経緯を鳥取県東京本部の担当者に伺った。

■企画立案のために常にアンテナを張る担当者
企画のきっかけは担当者が6/18に触れた「ロボット人材派遣サービス」に関するニュースだった。その際は「もし派遣サービス開始時の7/1に何か出来れば、合わせて鳥取県をPRできるかもしれない」という漠然とした思いで仮予約サイトに登録。応募者多数の場合は抽選とのことだったが、翌週6/23の夜に当選の報が届く。そこから今回の企画調整が始まった。

■地域・地域の産品のPRに結び付ける
実は鳥取県は、スイカの出荷量が全国4位と有数の産地である(平成25年度農林水産省野菜生産出荷統計より)。
しかし、消費者のイメージとして「鳥取=スイカ」は必ずしも結びついていない。弊社が実施している「地域ブランド調査2014」では、産品購入意欲度(食品)という項目がある。例えば「鳥取県と聞いて購入したいと思う産品」を自由記述で回答してもらい、その回答数をスコア化するものだ。鳥取県の結果をみると、回答数の半数は「(二十世紀)梨」、25%は「(松葉)蟹」で占められており、今回PRを行った「スイカ」は回答数の3%とイメージ想起は高くない。
上記のような要因に加え鳥取県産のスイカがこれから旬を迎えることから、ペッパーを通じて県産スイカのPRを行うという企画の格子が固められた。

■急なイベントにも対応できる関係各所との関係性
今回の企画実施のため、急きょ東京本部担当者が本庁、アンテナショップ、またソフトバンクグループと調整。さらに、平井県知事もたまたま当日都内で他の公務があったことから出席を急きょ調整。今回交付式に参加した平井県知事は多忙の合間を縫って2週間に1度は東京を訪れ、常々職員と意思疎通の場を設けていたことからスムーズな調整に繋がった。そこから各メディアにリリースを配信。企画から2週間、無事当日を迎えることとなった。

今回のケースでは、企画から実施までが2週間と準備期間が非常に短い中で「どうすれば地域をPRできるか」常にアンテナを張っていることと、そのアイディアを短時間で実現するための関係性の構築の重要性を示唆している事例といえるではないだろうか。

(文責:安田 儀 ブランド総合研究所 コンサルタント)

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2020 年 4 月の訪日外客数は、2,900 ⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、7 か月連続で前年同月を下回った。また単月の訪日外客数としては、JNTO で統計を取り始めた1964 年以降、過去最少。
公開: 2020-05-20 16:20:00
「エコにテイクアウトを楽しむ。」亀岡市ならではの支援事業を展開。21年から全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止に踏み切る京都府亀岡市。環境の側面からコロナに苦しむ飲食店を応援しようと、「プラごみゼロ」クーポンキャンペーンを始めた。
公開: 2020-05-18 10:36:40
新型コロナウイルス感染症は、国内、特に地域経済に甚大な影響をもたらしている。特に観光業や飲食業、イベント等への影響が大きい。地域はどのようにして復興に取組むかについて、第3回目は飲食業の具体的な策について提言する。(田中章雄)
公開: 2020-05-18 01:24:12
日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表した。
公開: 2020-05-14 13:45:09
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ