MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
ブランド総合研究所

山形県に関する記事

表示順:
-7beyond2020に向けて!インバウンドに食のあたらしいおもてなしブランド総合研究所は2019年1月9日に都道府県会館(東京都千代田区平河町2-6-3)において、「食のバリアフリーフォーラム」を開催しました。
公開: 2019-01-12 18:37:04
2020東京オリンピック・パラリンピックに向け、これまで以上に多くの外国人旅行者(インバウンド)が見込まれます。その中には食の規律や制限を持った方も大勢います。2020年に向けて全国に展開していくために発信していく場として、フォーラムを実施します。
公開: 2018-12-10 12:14:41
10月26日に山形県自治会館(山形市)、10月29日に北洋大通センター(札幌市)において「食のバリアフリーセミナー&研修」が開催される。このセミナーはハラル、ベジタリアン、アレルギーなどに対応し、急増するインバウンドにも日本の食を安心して食してもらい、地域活性化につなげてもらおうという取り組み
公開: 2018-10-23 09:53:36
山形県食品産業協議会とブランド総合研究所は、2018年10月26日(金)の13_30~17:00まで、山形県自治会館(山形市松波4-1-15)401会議室において、急増するインバウンド対策で新市場創出を狙うため、「食のバリアフリーセミナー&研修」を実施する。
公開: 2018-10-01 19:07:42
ブランド総合研究所は内閣府のオリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試行プロジェクトとして、JETROと「2020オリパラに向けた日本食のグローバル化(食のバリアフリー)モデル事業」を実施することになった。実践の場として全国6か所の「モデル地域」を募集する。
公開: 2018-06-25 02:40:41
「おいしい山形県」2001年から続けている山形県産の農産物等の統一キャンペーンのキャッチフレーズだ。サクランボや洋ナシのラ・フランスなどに代表されるように、山形県にはブランドフルーツが数多い。香りと味が豊かで人気急上昇のだだちゃ豆や米沢牛など、果物以外でもブランド米「つや姫」もある。
公開: 2015-12-27 22:39:40
悲鳴まじりのバームクーヘン。福岡での世界記録プレミアム商品券を、地域の消費拡大につなげるにはインバウンドの波を地方に~観光庁27年度訪日プロモ方針~ふるさとプロデューサー育成支援事業世界最大のさくらんぼの種飛ばし大会、山形県寒河江市マレーシアのTokyoの街並み大人気~東京ストリート
公開: 2015-06-08 19:09:20
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt