MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
福井県産六条大麦を100%使用した地ビール開発

福井県産六条大麦を100%使用した地ビール開発

福井県の農業試験場食品加工研究所と福井県地ビール技術研究会は、全国一の生産量を誇る県産の六条大麦を使ったビール醸造技術を研究開発し、県内の地ビールメーカーによって商品化され、7月13日から販売を開始した。

福井県の農業試験場食品加工研究所と福井県地ビール技術研究会は、全国一の生産量を誇る県産の六条大麦を使ったビール醸造技術を研究開発し、県内の地ビールメーカーによって商品化され、7月13日から販売を開始した。

六条大麦は、作付面積、生産量ともに福井県が全国トップであるが、ほとんどが県外で麦飯や麦茶などに使われている。このため、この六条大麦をブランド化し県内地ビールの振興にもつなげるべく、同研究所と地ビールメーカーの越の磯(福井市)、千鳥苑(美浜町)、湖上館パムコ(若狭町)でつくる県地ビール技術研究会が連携して、2009年から研究開発を進めてきて、今回商品化に至った。

越の磯が7月13日から販売している「福井麦酒六条大麦」は、330ml入りで578円。約3000本を県内の酒販店などで販売している。湖上館パムコでは9月初旬から宿泊客に六条大麦地ビールを提供する予定。

問合せは、食品加工研究所まで。

食品加工研究所
担当者:食品産業支援研究グループ 佐藤
電話:0776-61-3539
メール:shokuhin@pref.fukui.lg.jp

この記事のライター
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
公開: 2016-11-07 16:18:20
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
公開: 2016-11-01 10:55:10
石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。
公開: 2016-10-06 15:44:40
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
公開: 2015-06-09 13:56:21
最新記事
地方移住に関心のある三重県外の若者を募集し、地域づくり等の現場体験や、そこに住む住民との交流などを通じて、地域とつながり、活躍の場を見つけてもらう『地域交流体験プログラムin三重』を実施し、参加者を募集しています。
公開: 2022-09-13 16:01:24
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「南伊勢町」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:45:49
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「鳥羽市」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:45:06
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「伊勢市」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:44:35
地方移住に関心のある三重県外の若者を募集し、地域づくり等の現場体験や、そこに住む住民との交流などを通じて、地域とつながり、活躍の場を見つけてもらう『地域交流体験プログラムin三重』を実施し、参加者を募集しています。
公開: 2022-09-12 16:40:48

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル