MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
ぶどうとワインのまち甲州市でぶどうまつりを開催(10月1日)

ぶどうとワインのまち甲州市でぶどうまつりを開催(10月1日)

2016年10月1日、甲州市の勝沼中央公園広場で「甲州市かつぬまぶどうまつり」が開催される。今年で第63回を数えるこのイベントでは、市の特産である甲州ぶどう約2000㎏が用意され、同じく特産のワインとともに来場者に無料でふるまわれる。


2014年に行われた第61回大会では、甲州青年会議所が中心となりギネス世界記録に挑戦。「ぶどうを口に含んで飛ばす“ぶどう飛ばし大会”の参加人数」を競い、891人の参加により見事世界一に輝いた。今年も、ぶどうの早食い競争やぶどうの皮飛ばし大会など、ぶどうにちなんだ各種催しが予定されている。

また、同日、ぶどうやワインにちなんだ勝沼の歴史遺産を訪ねるフットパスガイドツアーも開催される。日本のワイン産業を確立した宮崎光太郎が自宅に整備したぶどう園、醸造所である「宮光園」をはじめ、日本ワインの発祥の地を巡るもので募集人数は先着20名。

甲州市は「豊かな自然 歴史と文化に彩られた 果樹園交流のまち」を標榜し、果樹・農林業やワイン産業などを市の基幹産業に挙げている。特にワイン産業においては「甲州市原産地呼称ワイン制度」を条例で制定し、圃場、書類、官能、ラベル表示の4審査をパスしたワインにのみ甲州市認証の称号を与え、ブランド化を図っている。また、市内のぶどう産地を勝沼地区、塩山地区、大和地区などに分けてそれぞれの土壌、地形、気候等の特色をまとめたり、ワイナリーマップを作成して情報発信を図るなど、甲州ワインのPRや消費拡大に努めている。

 

第63回 甲州市かつぬまぶどうまつり 概要


日時 2016年10月1日(土) 10:00~
会場 勝沼中央公園広場 (甲州市勝沼町勝沼1310)
詳細 第63回かつぬまぶどうまつり(甲州市HP)
 

フットパスガイドツアー 概要


日時 2016年10月1日(土) 13:30~15:30
集合 ぶどうまつりメイン会場 臨時観光案内所テント
参加費 無料
募集人数 20名(先着順)
申込期間 まつり当日まで(申込多数の場合、事前に締切)
申込先 ある~く こうしゅう推進協議会事務局 0553-32-2111
詳細 第63回かつぬまぶどうまつりフットパスを開催します(甲州市HP)

この記事のライター
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
長野県庁は、IT人材を対象に、「おためし」で長野県に居住して仕事をしてもらう「まちなか・おためしラボ」事業を実施。現在、参加者を募集している。最長6か月、住居とオフィスを提供。期間中、ずっと長野に居ることが必須ではなく首都圏と行ったり来たりも可能としている。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル