MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
輪島市の棚田でイルミネーションイベントを開催(10月15日から)

輪島市の棚田でイルミネーションイベントを開催(10月15日から)

石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。

石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。


白米千枚田(しろよねせんまいだ)は石川県輪島市白米町にある棚田。日本の棚田百選、国指定文化財名勝にも指定されており、日本海と棚田を彩る稲の生み出す絶景が広がる観光スポットである。日本古来の農法「苗代田」を復活させるなど、昔ながらの農法が現在も行われいる。実際に種籾から苗を育成し、稲作を行う取り組みを行っている。

千枚田を活用した観光振興イベントの開催や、稲作体験を通じて理解を深め地元農家との交流を行うオーナー会員・トラスト会員制度などを取り入れ、美しい景観を将来にわたり保存していく努力を行っている。


★能登の里山里海


能登地方には、白米千枚田や間垣(強い潮風から家屋を守る竹の垣根)といった農村景観、日本で唯一能登にのみ残る伝統的な製塩法「揚げ浜式」や里山の保全管理に結びつく「炭焼き」といった伝統技術が今も受け継がれている。さらに、豊作豊漁を願い、巨大な灯篭を担いで練り歩く「キリコ祭り」や、田の神様を家に迎え入れてもてなす「あえのこと」と呼ばれる農耕神事などの祭礼が能登の各地で行われている。

こうした、里山や里海の恵みを活かす自然と調和した暮らしが今も行われていることが評価され、2011年6月、日本で初めて世界農業遺産に認定された。

 

★あぜのきらめき


「あぜのきらめき」は2011年に初めて開催された。稲作の行われる春から秋までの賑いに比べ、客足の遠のいてしまう冬場の新たな名物として企画され、冬の棚田を光で彩るという世界でも類を見ない幻想的なイルミネーションだ。

太陽光発電のLEDライト、通称「ペットボタル」を「ほたるびと」と呼ばれるボランティアが1個ずつ手作業であぜ道に設置していく。今年は21,000個のLEDライトが飾られる予定。散策路が用意されており、イルミネーションの海の中を歩くという体験が出来る。



なお、「あぜのきらめき」は2012年に「太陽光発電LEDの最大のディスプレイ」というギネス世界記録に認定されている。(記録数:20,461個)
(※2016年10月時点での最新記録は、2013年に群馬県太田市で達成された24,765個)

2012年のギネス世界記録挑戦時の模様はこちら

 

★あぜのきらめき 開催概要


実施期間:平成28年10月15日(土)から平成29年3月12日(日)
会場住所:石川県輪島市白米町ハ-99
URL   :http://senmaida.wajima-kankou.jp/

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
公開: 2016-11-07 16:18:20
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
公開: 2016-11-01 10:55:10
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
公開: 2015-06-09 13:56:21
長野県庁は、IT人材を対象に、「おためし」で長野県に居住して仕事をしてもらう「まちなか・おためしラボ」事業を実施。現在、参加者を募集している。最長6か月、住居とオフィスを提供。期間中、ずっと長野に居ることが必須ではなく首都圏と行ったり来たりも可能としている。
公開: 2015-06-09 13:35:33
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル