MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「四国一周サイクリングChallenge!-2019-」に挑戦した学生たちが四国一周1000kmチャレンジを達成

「四国一周サイクリングChallenge!-2019-」に挑戦した学生たちが四国一周1000kmチャレンジを達成

愛媛県が実施した若者応援プロジェクト『四国一周サイクリングChallenge!-2019-』で最終チームがゴール。四国一周1,000キロを完走し、四国の魅力発信に貢献した。

愛媛県では、自転車で四国一周にチャレンジする『CHALLENGE 1,000kmプロジェクト』を実施している。

四国の海沿いの道路をぐるっと一周すると約1,000キロ。自転車で島を一周する「環島(ホァンダオ)」で国内外でブームを起こしている自転車王国・台湾と、ほぼ同じ距離なのだ。

愛媛県サイクリングプロジェクト事務局では、各県から見える海(瀬戸内海/太平洋/宇和海)や西日本一の標高をもつ石鎚山をはじめとする山々など、四国4県独自の魅力を五感で楽しめるルートを提示。エントリー者にはオリジナルの「サイクルジャージ」とスタンプラリーシート「公式チャレンジパス」を進呈し、3年以内に四国一周を達成すると、愛媛県自転車新文化推進協会から「完走証」と「バックル式完走メダル」をプレゼントする。

若者応援プロジェクトに参加の学生たちが、1,000キロを完走

2019年8月には若者応援プロジェクトとして『四国一周サイクリングChallenge!-2019-』を実施。このプロジェクトは、若者が大人になる契機として四国一周サイクリングを定着させるとともに、全国から選ばれた9チーム30名の若者たちが仲間と協力して四国一周約1000kmのサイクリングにチャレンジしながら、四国の「風景」「食」「出会い」などをサイクリスト視点で撮影した写真をSNSに投稿し、「魅力発信リーダー」として四国のさまざまな魅力の発信を行うという企画。

9月25日(水)に最終チームが無事にゴールし、愛媛県庁ではゴールセレモニーが開催された。最後にゴールしたチームは、高知県より『自走大好きクラブ』の5名。スタートから8日間で、1,000キロを完走した。

参加者たちは、サイクリング中に出会った景色や地元の人との交流、思わぬハプニングなどもSNSに投稿。四国の魅力を伝えるとともに、挑戦者たちがサイクリングを通じて成長していく姿も垣間見える企画となった。

『自走大好きクラブ』の岸大路英佑さんは「チャレンジ中、少しずつ自分から地元の方に挨拶するようになり、たくさんの方とお話しすることができてうれしかった」、杉田優真さんは「人との関わりが大事だと実感したチャレンジだった。チームの中で最年少の自分は、先輩たちの姿を見て自分も頑張ろうと思えた」と四国一周を達成した喜びの表情で感想を語った。

今回の若者応援プロジェクト『四国一周サイクリングChallenge!-2019-』の若者たちによる投稿はこちら

[CHALLENGE 1,000kmプロジェクト!進行中]

愛媛県では『CHALLENGE 1,000kmプロジェクト』として、自転車で四国一周にチャレンジする方を随時募集している。エントリー料金は8,000円。海外エントリーも受け付けている(海外用エントリー料金は13,000円)。2019年8月末時点での登録者数は1,989名(うち完走者数521名)。

※四国一周サイクリングの情報は、公式ホームページをご覧ください。


伊予鉄トラベルとのタイアップにより、サイクルラック付きバスで、ルート上のサイクリングスポットまで送迎する「チャレンジ!四国一周サイクリングバスツア―」も実施している(2020年3月まで予定)。

※チャレンジ!四国一周サイクリングバスツアーの詳細、申し込みはこちら





この記事のライター
関連記事
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
東京2020オリンピック聖火リレーが47都道府県を巡っていくのに合わせて、各都道府県での聖火リレー実施中に、東京スカイツリー(R)を各都道府県をイメージしたカラーにライティングする。 天望デッキには、東京2020オリンピック聖火リレーコンセプトである「Hope Lights Our Way」や「各都道府県名」等を表示する。
公開: 2021-03-26 10:12:00
山梨県印章店協同組合(山梨県笛吹市石和町四日市場1566 理事長 望月 一宏)は、甲州手彫印章の新ブランドとして「伝匠印」を発表。組合で新たに作成したホームページも公開しました。
公開: 2021-03-09 12:00:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-03-29 10:00:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル