MENU
「企業版SDGs調査2020」を3月25日12:00発表。SDGs取組評価の高いTOP100社は?
東京日本橋「ここ滋賀」来館者100万人を突破

東京日本橋「ここ滋賀」来館者100万人を突破

平成29年にオープンした滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」が、見込みより5ヵ月早く、目標であった来館者100万人を突破した。10月からは滋賀県の秋の魅力を体感できるイベントを続々開催する。

平成29年10月29日(日)東京・日本橋にオープンした情報発信拠点「ここ滋賀」が、9月23日(月)に来館者100万人を達成した。当初の見込みより5ヵ月早く目標を達成し、日々開催する滋賀の魅力を体感できるイベントに、多くの方が好感を持ち来店したことが要因の1つとなったとみられる。24日からは、1Fマーケットで3,000円以上お買い上げの先着100名に、滋賀県産品がその場で当たる100万人達成記念キャンペーンを開催する。

100万人目の来館者となったのは、奥様と娘さんの3人で訪れたという、埼玉県所沢市の荘田一雄(しょうだ かずお)さん(78歳)。ここ滋賀の田原利秋所長から記念品として、近江牛しぐれ煮や近江の茶などの「ここ滋賀」商品詰め合わせが贈呈された。

荘田さんは、「突然でびっくりしています。はじめて来ましたが、きれいで入りやすいですね。今日はお酒と信楽焼を見に来ました。滋賀といえば琵琶湖のイメージ。この機会に滋賀に行ってみたいです。」と話した。

秋の「ここ滋賀」チェックポイント

■いよいよ新米の季節到来!新米フェア (9月17日(火)-10月17日(木))

ここ滋賀では、滋賀県育成品種「みずかがみ」など、米どころ滋賀県が誇る豊かな水と大地で丁寧に育てられた近江米が購入できる。(入荷時期は品種等によって異なる。)また、今年デビューした「オーガニック近江米」の試食・販売を行うイベントを9月28日(土)~29日(日)に開催する。

■滋賀のばらフェア(10月9日(水)10:00-20:00)

滋賀県は全国でも有数のばらの産地で、色、形、香りなどに特徴のあるばらが200種類以上生産されている。フェアでは、その美しいバラの一部を展示販売する。

■ここ滋賀イチオシFood 黄金色の里山から (10月26日(土)18:00-20:00日本橋 滋乃味2F)

人と自然が共存する滋賀県の里山は、さまざまな生き物が息づき、豊かな食材を生み出している。棚田などの美しい里山の風景やお話を楽しみながら、琵琶湖ホテル和食料理長が腕をふるう至福の日本料理を堪能できる。

事前申し込み 定員24名様(先着)/ 参加費7,000円(日本酒・ワイン等飲み放題)、6,000円(ノンアルコールのみ)
申込先:03-5256-6051, ichioshi@eins.shiga.jp

■ここ滋賀2周年「まるごと滋賀コレクション ふるさとPRイベント」(11月3日(日)11:00-16:00)

「ここ滋賀」が開設から2周年を迎えるのを記念し、ベルサール東京日本橋公開空地イベントスペース(ここ滋賀隣接)に設けたブースで、県内市町の特産品の試食や、県観光キャンペーンの戦国ワンダーランドにちなんだイベントなどを開催する。また、イベント会場では、TOKYO FMラジオ番組の公開収録を行い、滋賀の食などの魅力について、トークを繰り広げる。

詳細情報:「ここ滋賀」ホームページ

東京日本橋「ここ滋賀」概要

「ここ滋賀」は、滋賀の魅力をさまざまな角度から伝えるイベントや、特産品・伝統工芸品などの販売、県内33蔵本の地酒が味わえる地酒バー「SHIGA’sBAR」、滋賀の食材をふんだんに使ったレストラン「日本橋 滋乃味」など、東京で滋賀を体感できる情報発信拠点。

〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1 http://cocoshiga.jp/

この記事のライター
関連記事
滋賀県は、滋賀の魅力を深堀し、滋賀ならではのこだわりのあるコンテンツをメディア関係者に向けて紹介する公式WEBメディア「滋賀県広報メディア」を3月31日に公開した。
公開: 2020-04-01 10:21:00
入間市の魅力がたっぷりつまった「ことりっぷ入間さんぽ」を無料配布する。
公開: 2020-01-07 11:39:00
1月18日(土)・19日(日)に公共施設の再生に関する説明会・ワークショップを市内の会場で開催する。参加申し込みは不要。
公開: 2020-01-07 11:15:00
アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)は、当社が企画・運営する国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net)と千葉県市原市とが連携し、2019年11月より市原市の「いちはらでぜんぶ、あそぶ、まなぶ」掲載情報の利用を開始した。
公開: 2019-12-15 22:31:00
D&DEPARTMENT PROJECT(商号:ディアンドデパートメント株式会社/東京都世田谷区、代表・ナガオカケンメイ)は、2019年12月6日(金)より2020年3月2日(月)まで、第26回企画展「着る47展(きるヨンナナてん)」を、渋谷ヒカリエ8階の47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM(ディ ヨンナナ ミュージアム)」にて開催する。
公開: 2019-12-15 22:24:58
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組やESG活動を評価する「企業版SDGs調査」を実施。消費者から最も高く評価された企業はトヨタ自動車。2位以下はアサヒビール、旭化成、サントリー、パナソニックでした
公開: 2020-04-01 17:52:00
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団)は、宮崎県新富町の特産品の一つであるお茶(粉末茶)を原料の一部に使用したフランス生まれの焼き菓子「ラングドシャ」(Langue de chat)を開発した。地産地消と雇用創出でSDGs項目8「働きがいも 経済成長も」の実現を目指す。
公開: 2020-04-01 13:17:00
滋賀県は、滋賀の魅力を深堀し、滋賀ならではのこだわりのあるコンテンツをメディア関係者に向けて紹介する公式WEBメディア「滋賀県広報メディア」を3月31日に公開した。
公開: 2020-04-01 10:21:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第17回は石川県から。
公開: 2020-03-31 09:58:00
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ