MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地域ブランド調査・分析セミナー開催 (11/4)

地域ブランド調査・分析セミナー開催 (11/4)

地域ブランド調査の過去10年間の調査結果の分析と活用法についての特別セミナーを11月4日に開催。平成の大合併、地域団体商標、JAPANブランド、全国展開、農商工連携、地域資源活用、6次産業化、地域おこし協力隊、クールジャパンなどがスタート。ゆるキャラ、ご当地グルメ、ご当地検定、ご当地アイドルなど

「地域ブランド調査」は2015今年10年目迎をえました。そこで、過去10年間の調査結果の分析と、効果的な活用法についての特別分析セミナーを、11月4日に開催します。

平成の大合併を機に、全国各地で地域ブランド戦略に取り組みが本格化したのが2006年のこと。この年には地域団体商標の登録が始まり、JAPANブランドや、全国展開支援事業、農商工連携などの事業が次々と始まりました。その後は地域資源活用、6次産業化、地域おこし協力隊、クールジャパンなど、地域活性化を目的とした施策がスタートしました。

また、各地でも、ご当地キャラクター、ご当地グルメ、地域ブランド産品、ご当地検定、ご当地アイドルなど、ご当地ものが続々と登場し、人気を博すようになりました。その一方で、東日本大震災が置き、全国で火山活動が活発になっています。

まさに、この10年間は、地域をめぐる状況や取り組みが大きく変わったと言えるでしょう。

地域ブランド調査は、まさにこの激動の10年間を、変わらぬ指標と、時勢に合わせた新指標から構成される日本最大規模の地域評価調査で、すべての都道府県、市、特別区と、約200ほどの町村を対象とした唯一無二の調査です。しかも、評価項目は70以上にわたります。

1047自治体×70項目×10年間 という、まさにビッグデータを分析することで、この10年間に何が変わったのか、そして各自治体への評価はどのように変化したのかを知ることができます。

そこで、11月4日(水)に、特別セミナーを開催することとしました。地域活性化に取り組んでいる自治体関係者、調査担当者、事業者のみなさん、ぜひこの機会にぜひご参加ください。

<開催概要・プログラム予定>


  • 題 名 : 地域ブランド調査 記念セミナー

  • 日 時 : 2015年11月4日(水) 14:00~16:30 ※開場 13:30

  • 場 所 : アットビジネスセンター東京駅(東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル)
    http://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesu/access.html

  • 参加費 : 9,000円(税別)/人 (調査報告書お申し込みの場合は6,000円(税別)/人)
    参加者には10年分の市町村の魅力度をまとめた特別報告書を差し上げます

  • 定 員 : 100名(先着順)

  • 内 容 : 地域ブランド調査2015の分析と、地域ブランドの今後の方向性
    ①地域ブランド調査2015の結果から見えたもの  ~地域イメージを高めるためのヒント~
    ②10年の調査結果から  ~地域ブランドへの取り組みの効果~
    ③報告書データの効果的な活用法  ~効果測定と分析方法

  • 講 師 : 株式会社ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中 章雄

  • 主 催 : 株式会社ブランド総合研究所


<お申込み・お支払い方法>

下記PDFをダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、FAX(03-3539-3013)にてご送信ください。
メール(survey2015@tiiki.jp)でもご参加を受付いたします。必要事項※をご記入の上お申し込みください。お申し込み受付後、弊社からご請求書を郵送させていただきます。


セミナー申込用紙(PDF)ダウンロードはこちらから

※必要事項
貴団体・会社名:
貴所属部署名:
お名前:
参加人数:
ご住所:
電話番号:
メールアドレス:
請求書お宛名:


<問合せ先>

株式会社ブランド総合研究所(担当:安田、杉山)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5
Tel:03-3539-3011  Fax:03-3539-3013
Mail:survey2015@tiiki.jp


 

この記事のライター
関連記事
ブランド総合研究所が2006年から実施している自主調査「地域ブランド調査」が2015年実施で10回目を迎えたことを記念し、11月4日(水)に東京において「地域ブランド調査第10回記念セミナー」を実施した。
公開: 2015-11-05 14:31:25
全国で最も魅力的な市区町村は函館市となりました。同市が1位になったのは2014年に続いて2年連続3度目。回答者の73.6%が函館市を「魅力的」だと回答しています。2位は札幌市、3位は京都市と上位3市は変わらないという結果となりました。なお、47都道府県では北海道が7年連続1位。
公開: 2015-09-30 10:25:47
地域ブランド調査2015の市町村の魅力度ランキングの結果。1位となったのは2年連続で函館市となった。北陸新幹線の開通や、伊勢志摩サミット、軍艦島などの世界遺産、大河ドラマ、朝の連続テレビドラマ、ディスティネーションキャンペーン、ゆるキャラ、ご当地キャラクター、ご当地グルメなどの効果も表れている
公開: 2015-09-30 10:24:26
「地域ブランド調査」は2015年で10年目を迎えます。そこで今回は同調査の結果を地域活性化に資する政策立案や評価に活用いただくことを目的としたセミナーを11月4日(水)に都道府県会館(東京都千代田区)において開催致します。
公開: 2015-09-09 14:45:59
最新記事
石垣市は2023年11月18日、ギネス世界記録「Most people grilling barbecuing simultaneously」挑戦イベントを実施。2,220人で既存記録の2,184人を36人上回り世界記録を更新しました。同イベントは、市の人口が同年7月に初めて5万人を超えたことを多くの市民と祝うため実施され、多くの市民がイベントを楽しみました。
公開: 2023-12-20 12:00:00
都内にある全国の道県のアンテナショップについて、利用の実態を明らかにするため「アンテナショップ利用実態調査 2023」を実施。その結果、コロナ禍により売上高が低迷したアンテナショップが、若者を中心として需要の高まりを見せていることがわかった。
公開: 2023-12-15 19:45:00
SDGsには17のゴールが設定されているが、どのゴールに取り組むことが最も企業の評価に効果的か? この疑問はSDGs担当者のほとんどが感じているだろう。 「企業版SDGs調査2023」では、対象となった290社のSDGs取組に対する消費者の評価の結果をもとに「重回帰分析」という手法において分析した。
公開: 2023-12-03 22:55:43
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』は、建物の老朽化による建て替え工事に伴い12月25日に閉館する。 1997年に開業し、“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント開催、観光情報、UIターン就職・移住情報の提供により“にいがた”の新鮮情報を発信してきた。
公開: 2023-12-01 17:59:52
「関係人口」とは、移定住人口でもなく、観光客などの交流人口でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指す(総務省)。 全国各地で、人口減少・高齢化が進み、地域活性化の担い手不足という課題に直面している中で、関係人口の活用が期待されている。本調査では各都道府県および市町村視点での関係人口の規模(人数)を測定するとともに、定住意欲や訪問意欲など、そして情報ニーズなどについて徹底的に調査する。
公開: 2023-12-01 17:30:36

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル