MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
盛岡で「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録認定/岩手県盛岡市

盛岡で「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録認定/岩手県盛岡市

第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。

第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。

これまでの記録は2011年にスイスの首都ベルンで達成された607艇、1,214人で、今回はそれを400人以上上回る大幅な更新となった。

実は盛岡・北上川ゴムボート川下り大会では、2009年に開催された第33回大会で完走艇数543艇、1,086人でギネス世界記録に世界で初めて認定されていた。

リベンジとなった今回の大会だが、6年前よりルールが厳しく改訂されており主催者を大いに悩ませた。
これまでの大会ルール通り70艇を1グループとして、順番にスタートすることはギネスワールドレコーズ社から許可を得ることができた。しかし、各グループのスタートからスタートの間隔を5分間以内と定められ、1秒でも越えてしまうとそこで挑戦が終了となる条件が課せられた。この時間の計測には、陸上競技の審判有資格者等2名の専門家が時間を計測し、厳格な審査が行われた。

また、自然の川を使った挑戦であり、天候との闘いも課題となった。
挑戦2日前の深夜から挑戦前日の早朝にかけ、天気予報にないゲリラ豪雨が発生。到底近づけない水量となってしまい、開催が危ぶまれた。しかし、挑戦当日の朝5時までダムから大量の放流を続け、なんとか開催時間に大会運営可能な水量に落ち着かせることができ挑戦までこぎつけた。



いよいよ迎えた挑戦本番。大会にはギネス世界記録に挑戦しようと全国から1,700人以上が出場。



スタートとなる四十四ダムからゴール地点となる南大橋の上陸地点までは約11キロもあり、炎天下の中約1時間かけて完走を目指した。当日立ち会ったギネス世界記録グリナズ・ウカソヴァ公式認定員による審査が行われ、最終的には1,628人がルール上の完走者数としてカウントされ、新たな世界記録に認定された。



岩手県盛岡市では昨年もギネス記録に認定された町であり、その「世界最大の和太鼓演奏」が見れる盛岡さんさ踊りは8/1日から始まる。詳細は、盛岡さんさ踊り公式HPから

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
今年で第39回を迎える「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」は、2009年の第33回大会以来のギネス世界記録へ挑戦することが決まった。
最新記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本事業に参加いただく首都圏の若い方々を募集しています。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル