MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
404人で「もみじの葉」を表現 ギネス世界記録認定/長野県箕輪町

404人で「もみじの葉」を表現 ギネス世界記録認定/長野県箕輪町

2015年9月6日(日)長野県箕輪町でギネス世界記録への挑戦が行われ、同町で初めてギネス世界記録に認定された。今回箕輪町で達成されたギネス世界記録は、「世界最大のヒューマンもみじの葉」(Largest human maple leaf)という記録で、今回の挑戦が世界で初めての挑戦となる。

2015年9月6日(日)長野県箕輪町でギネス世界記録への挑戦が行われ、同町で初めてギネス世界記録に認定された。

今回箕輪町で達成されたギネス世界記録は、「世界最大のヒューマンもみじの葉」(Largest human maple leaf)という記録で、今回の挑戦が世界で初めての挑戦となる。

この挑戦は、長野県箕輪町発足60周年を記念した町の特別イベントであるが、実はギネス世界記録も今年が60周年にあたる年であり、ともに60周年を祝う挑戦となった。

「世界最大のヒューマンもみじの葉」という記録は、もみじの葉の色である赤色の服を着た人がもみじの葉の形に並び、それを構成する人数の多さを競う記録となる。

今回は世界で初めての挑戦ではあるが、決して何人であっても認定を受けられるわけではなく、ギネスワールドレコーズ社が定める最低基準250人を超えなければ認定とはならないルールが課せられた。

挑戦当日、世界記録を達成しようと、町内の中学生や高校生を中心に一般参加を合わせて400人以上がつめかけた。



天候はあいにくの雨ではあったが、共通のTシャツと帽子を来た参加者が続々と並び始め、もみじの葉を表現した。
計測された人数は「411人」。上空からドローンでのビデオ撮影を行い、厳格な審査が行われた。

1回目の挑戦、誰もが成功を信じたが、審査結果はまさかの失敗。
挑戦中の間、高ぶった気持ちからとび跳ねたり、少し動いたりしたことで隙間ができており、そのわずかな隙間が失敗となった。

世界記録の厳しさに参加者の顔は真剣な顔つきに変わった。
より激しくなる雨の中、2回目の挑戦にも参加が404人と、ほとんどの方が参加した。

1回目とはまるで違う緊張感の中、入念な整列を行い、スタッフの間でも何重にも隙間等がないかチェックを行う。
参加者も挑戦中は微動だにせず、会場は静寂に包まれた。



そして、審査に立ち会ったギネスワールドレコーズ社のマクミラン舞公式認定員から審査結果が告げられた。
「404人の参加が認められ・・・そのうち失敗した人は無し、404人でギネス世界記録に認定です!」
箕輪町の60年の歴史に、ギネス世界記録認定が刻まれた瞬間となった。



記録名:Largest human maple leaf
記録:404人
認定日:2015年9月6日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
最新記事
住民が自らの居住している都道府県に対して、最も魅力を感じているのは沖縄県・・・。毎年秋に発表し、大きな話題となっている「都道府県・魅力度ランキング」を実施している株式会社ブランド総合研究所が、住民が自ら居住している都道府県についての評価を求める調査「地域の持続性調査2022」を実施したところ、このような結果となりました。
公開: 2022-08-17 00:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、地域と関係性の強い地域企業の”好感度”や、地域の持続性向上への”貢献度”(サステナビリティ貢献度)について、住民による評価を明らかにする調査「第4回地域版SDGs調査2022」の結果をもとにランキングを作成しました。
公開: 2022-08-03 15:00:00
このたび各都道府県の住民に対し幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」をインターネットで実施しました。 その結果、地域の持続性を評価する持続度が最も高かったのは沖縄県で3年連続1位となりました。 
公開: 2022-07-27 17:30:00
このたび各都道府県の住民に対し、幸福度をはじめ、愛着度や定住意欲度など、地域の持続性につながる指標について調査する「第4回地域の持続性調査2022」を実施しました。その結果、住民が最も「幸せである」と感じているのは沖縄県で2年連続1位となりました。
公開: 2022-07-25 12:01:21
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第3回目の「企業版SDGs調査2022」を実施することとなりました。前年、第2回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第3回目の調査となります。
公開: 2022-07-22 13:30:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル